AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

アウディ Q5新型自動車カタログ[価格/試乗インプレ/技術開発など]

スポーティなミドルクラスSUV、Q5がモデルチェンジを受け、二代目モデルへと進化を遂げた。ボディサイズは全長4663mm、全幅1893mm、全高1659mmと若干拡大されたが、高張力鋼板とアルミニウムを組み合わせたボディにより、従来モデル比で最大90kgの軽量化を実現している。
 搭載されるエンジンはガソリンが252psを発揮する2.0ℓ直4ターボ、ディーゼルが150ps/163ps/190psと3つの出力仕様が設定される2.0ℓ直4ターボ、286ps仕様の3.0ℓV6ターボをラインナップする。また、Q5をベースとするスポーティモデル、SQ5には354psを発揮する3.0ℓV6ターボを搭載。ギヤボックスは6速MTと7速Sトロニックのほか、3.0TDIとSQ5には8速ティプトロニック(AT)が組み合わされる。駆動系には燃費効率を改善する“ultraテクノロジー”を採用した新しいクワトロシステムが採用されたほか、洗練されたハンドリングを実現するトルクベクタリングシステムも搭載、一部モデルには俊敏なハンドリングを実現する、スポーツディファレンシャルもオプション設定される。
 また、渋滞中の道路ではステアリング操作の一部を受け持つアダプティブクルーズコントロールなど、最新のドライバーアシスタンスやセーフティシステムを採用。高解像度の12.3インチスクリーン上にメーターやナビ画面を表示するバーチャルコクピットのほか、ヘッドアップディスプレイもオプションで用意するなど、操作性や視認性の向上も図られている。日本導入は2017年度の予定。

アウディQ5 2018年9月発売モデル

ブラックエディション


価格 772万円
排気量 2000cc
駆動方式 フルタイム4WD
最高出力 252ps(185kW)/5000〜6000rpm
最大トルク 37.7kg・m(370Nm)/1600〜4500rpm
乗員 5名
燃費 -

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
best-cooler.reviews/orca-vs-yeti-coolers-debate/

https://webterra.com.ua

https://progressive.com.kz