東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > ADVAN Racing初のトヨタ・ハイエース用ホイール、誕生した理由が面白い【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/16
  • レブスピード編集部

ADVAN Racing初のトヨタ・ハイエース用ホイール、誕生した理由が面白い【東京オートサロン2018】

レブスピードがオートサロン会場で見つけた秀逸パーツ

横浜ゴムのホイール企画/デザイン/CMP 萩原 修さんがつくるADVAN Racingブランドのホイールはスポーツカーやスポーティカーを対象にデザイン・製造・販売されています。

そうしたこともあり、これまでミニバンや1BOXのホイールを出すことはありませんでした。

そんなADVAN Racingから生まれたのが、トヨタ・ハイエース用ホイール『RG-D2 for HIACE』です。

このハイエース用RG-D2の出現には驚ろかされましたが、話を聞いてみると
「ハイエースの人気に押されてつくったものではなく、レーシングガレージやチューニングショップのサービスカーとして使われることが多いハイエースですが、足元が純正の鉄ホイールなのはかっこ悪い」と常々考えていたそうで、そうした配慮に基づいて制作されたそうです。

やや太めの6本スポークやステップ形状の光沢リムなど、ハイエースをシブく、レーシーに彩ってくれます。
サイズは17×6.5J インセット38のみとなっています。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Buy Oxaver online

www.danabol-in.com

domains pills24.com.ua