東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > 4×4スタイルであらたなハイエースの魅力を発見!【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/15
  • Dee’s Club

4×4スタイルであらたなハイエースの魅力を発見!【東京オートサロン2018】

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
ハイエースのカスタムパーツを手がけるエセックスのブースには、テーマカラーの黄色にオールペンされた2台の200系ハイエースが並んでいた。どちらもおなじ顔つきなんだけど、明らかに方向性は真逆という2台。こんな遊び心満載のドレスアップができるのだから、まだまだハイエースのカスタマイズポテンシャルは尽きることはない!

こちらはローダウン志向のドレスアップ仕様。エセックスの「フロントクワトログリル」と「バッドパネル」を装着した、いわゆるレクサスフェイスになっている点ではハイリフト仕様もおなじ構成だ。でも、車高のちがいや各種ガードバーを装着したことで、ここまでイメージが変わるものなのかと驚いた。

オートサロンの時点では試作品だったオーバーフェンダーは、ほぼこのデザインで発売される予定とのこと。リーフスプリングとブロックで車高を3インチアップさせたうえに、外径の大きいT/Aタイヤを履かせたことでさらに1インチアップ。クロカンイメージの新作ホイールも、さらに4×4スタイルを加速させているでしょ!


スタイリッシュなエアロでも、ワイルドなタイヤ&ホイールでもマッチする。それがハイエースの人気の秘訣なんだと再確認した次第であります!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
www.rs-clinic.com.ua

Предлагаем www.xn--e1agzba9f.com у нашего менеджера.
www.danabol-in.com/injection/sustanon