東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > ニュース > リバティウォークのミウラ(仮)が搬出する瞬間【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/14
  • Dee’s Club

リバティウォークのミウラ(仮)が搬出する瞬間【東京オートサロン2018】

初日にベースを脱ぎ、来場者のドギモを抜いたリバティウォークのミウラ。最終日閉会後、どうやって搬出するのかと出待ちしてみた。「やっぱ乗って出なぁいかんね!」とさっそうと乗り込む加藤社長。いやがおうにも期待が高まりまくりんぐ! キーをひねるとV8のドロドロ音が響く! そっか、これミウラじゃなくてGT40改だったっけ。

スタッフがリモコンを操作すると、車高が5センチほど上がった。エアサスも仕込んであったのだ。それでもとなりのアヴェンタドールより屋根が低い!

意外とすんなり発進! けっこうギャラリーも集まってます!

ここだけの話、ライトはまだ動かない状態なので、点灯しても真上を照らすだけだそうです。

加藤社長って、お客さんとか(ギャラリーもお客さんとの認識)メディアにとっても親切なひとで「搬出で自走するなら撮りたいんですよ」と聞いてみたら「そぉ!? じゃ、先にやっちゃう?」なんて片付けをあとまわしにしてくれちゃいました。「これ、動画?」なんてうれしそうに聞かれると胸が痛みます。う、うぇぶです。

「これから煮詰めるで、また撮ってよ!」と加藤社長。今年はこのミウラ(仮)があちこちで暴れるのでしょうね!

※オートサロン事務局に車名が登録されていないため、こちらで「ミウラ(仮)」と名付けてみました。

自動車業界の最新情報をお届けします!

モーターテック

現代の自動車を支える先進の機械工学からIT技術まで、そこに込められた技術者の想いやメーカーのフィロソフィがより深く理解できるよう、独自取材を中心とした記事でわかりやすく解説していきます。

モーターファンテックへ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
progressive.ua

www.dekorde.com

winnerlex.com.ua