東京オートサロン2018|AnimeandManga[モーターファン]

東京オートサロン2018
TOP > 東京オートサロン2018 > 出展車両&パーツ > DUNLOPは空気入りタイヤ誕生から130年の歴史を振り返る【東京オートサロン2018】
  • 2018/01/13
  • Dee’s Club

DUNLOPは空気入りタイヤ誕生から130年の歴史を振り返る【東京オートサロン2018】

東京オートサロン2018のDUNLOPブースの目玉は、創業者のジョン・ボイド・ダンロップさんが1888年に空気入りタイヤを発明して130年ってことで、その歴史を紹介したコーナーが見どころ!
 ほかにも、昨年末に発表され、2月から販売開始になるEC204をはじめとしたタイヤ展示。GTマシンとルマンマシンの展示もあったのだ。

世界初の空気入りタイヤは博物館保存さているらしく、精巧に作られたレプリカ。そして現代までの変遷がPOPとともに紹介されていた。



昨年末に発表され、すぐれた耐偏摩耗性能とロングライフを実現したエナセーブEC204を筆頭に、DUNLOPで販売されるさまざまなタイヤが展示されている。



展示されいている車両は、2001年のルマンに参戦したベントレー•スピード8、GT500い参戦し、鈴鹿戦で優勝したEpson Modulo NSX-GTだ。


DUNLOPブースの場所は西ホール1で〜ございます!



自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
接触

аккумуляторы