• 2018/11/19
  • AnimeandManga編集部

【ホンダ】CRF1000Lアフリカツイン 2019年モデル発売!ETC2.0車載器の標準装備でツアラーとしての魅力増強

2019年新色も登場

CRF1000L Africa Twin <Dual Clutch Transmission> マットバリスティックブラックメタリック

 Hondaは、大型アドベンチャーモデル「CRF1000L Africa Twin」のカラーバリエーションを変更するとともに、全タイプ共通でETC2.0車載器※1を標準装備し、Honda Dreamより12月14日(金)に発売する。

 オンロード、オフロード問わず様々なシーンで優れた走破性を発揮するアドベンチャーモデル、CRF1000L Africa Twinシリーズに2019年モデルが登場。

 今回、「CRF1000L Africa Twin」には、鮮やかでスポーティーな印象のグリントウェーブブルーメタリックを主体色としたトリコロールを新採用。従来色のグランプリレッドとマットバリスティックブラックメタリックを合わせた全3色のカラーバリエーションとした。
 グランプリレッドは、従来色を継続しながらも、シャープな印象をあたえる新たなカラーストライプを採用。マットバリスティックブラックメタリックはホイールカラーをゴールドとすることで、軽快で華やかな印象に。また「CRF1000L Africa Twin Adventure Sports」には、従来色のパールグレアホワイトを継続採用している。

 CRF1000L Africa Twin、CRF1000L Africa Twin Adventure Sportsの全タイプに標準装備したETC2.0車載器は、今後もさまざまな情報提供などが予定されている。

 CRF1000L Africa Twinシリーズは、エンジンの出力特性を変更できるライディングモードセレクトや、ライダーの好みに応じて7段階のトルクコントロール介入レベルと、トルクコントロールを必要としない状態を選択可能としたHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備。さらに、Honda独自の二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」をタイプ設定している。また、24Lの大型フューエルタンクを採用し、フロントサイドパイプや大型のスキッドプレートを装備することで、アドベンチャーモデルとしての装備を充実させたCRF1000L Africa Twin Adventure Sportsをタイプ設定するなど、オンロードでのツーリング性能とオフロードでの高い走破性を高次元で両立させたアドベンチャーモデルとして、発売以来多くのユーザーに支持されている。

• ※1 ETC2.0を使用するにあたり、セットアップ、セットアップ費用および決済用のETCカードが必要となります
• ※2 Hondaセレクタブル トルク コントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。あくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがってHondaセレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません



自動車業界 特選求人情報
AnimeandMangaTechキャリア


ランキング

2019/06/15

【原付1種→2種に】50ccのモンキーを“110cc”に、市役所で登録変更し...

  • モーターサイクル

2019/06/16

カワサキW1オーナーが、新型「W800」を堪能してみた。

  • モーターサイクル

2019/06/14

【モンキー125でタンデム】「乗車定員=1名」のバイクを“タンデム仕...

  • モーターサイクル

2019/06/15

三菱RVRもデリカD:5顔に! 欧州仕様のASXの2020年モデル

  • ニューモデル

2019/06/12

ドアの全開にはご注意を…… 実証実験 マツダ ロードスターRF【乗り込...

  • ニュース・トピック
protege.kiev.ua

www.rbt.com.ua/dizajn-vannoj-komnaty/

rbt.com.ua/poklejka-oboev/