• 2018/09/20
  • AnimeandManga編集部

今のホンダ車で最上のハンドリング! クラリティPHEVのシャシーをじっくり研究

まるで、フライングカーペットライド。Honda CLARITY PHEV Impression

2018年7月20日に販売が開始されたクラリティPHEV。発電を主に担当する1.5L直4エンジンと駆動用モーターを搭載している。クラリティシリーズで初のリース販売ではない一般販売という形態を取るモデルだ。

ホンダの他車との共用を考えることなく、燃料電池車、EV、PHEVのクラリティ3モデルのためだけに用意されたプラットフォームには独自の制約もあった。それを逆手に取り、ハンドリングを磨き上げることに成功したシャシー周りのコンセプトを見る。

 電動パワートレーンを搭載したホンダのクリーンカー「クラリティ」シリーズは燃料電池車、PHEV、アメリカ市場に投入されているEVの3モデルが共通のプラットフォームを使う。水素タンクや複雑な電気系を守るために、フロントからリヤまで一直線に伸びるストレートフレームが特徴で、基本骨格はこのクラリティシリーズ専用という、現在の量産乗用車としては非常に贅沢な仕様となっている。

自動車業界 特選求人情報
AnimeandMangaTechキャリア


ランキング

2019/05/26

日本では買えないマツダ、スバルのフラッグシップSUV CX-9とアセン...

  • ニュース・トピック

2019/05/26

これがオーナーの本音! マツダCX-5編「長所は? 短所は? 燃費は?...

  • ニュース・トピック

2019/05/26

「3か30か、それが問題だ」マツダ3の最大のライバルは輸入ブラン...

  • ニュース・トピック

2019/05/24

マツダ3が正式デビュー! 価格、スペック、カラーバリエーション一...

  • ニューモデル

2019/05/26

「新型カタナ」がストリートでエキサイティングなワケは、GSX-R1000...

  • モーターサイクル
https://topobzor.info

topobzor.info

best books on success