• 2018/01/23
  • GENROQ編集部

【究極の新世界】新型ロールスロイス ファントムに見る完全主義

最高峰ショーファードリブンとしての条件をすべて満たす

ROLLS-ROYCE PHANTOM

言うまでもなくロールスロイスといえば、ショファードリブンを思い浮かべるはず。現在、ラインナップされる中でそれを担っているのが「ファントム」だ。しかし、最新の8代目ファントムはそれだけではない。ドライバーズカーとしての資質も備えている。日本上陸を果たした今こそ、その脅威の完成度をお伝えしたい。

REPORT◎大谷達也(Tatsuya OTANI)

ロールスロイスの細めで大径のステアリングリムを握っていると、自然と手の位置が4時40分くらいまで下がってきて送りハンドルをしたくなる。送りハンドルとは、手の位置は動かさずに両手で小刻みにハンドルを送ったり戻したりする操舵方法で、丁寧にステアリングを切るのに有利なため、イギリスのショーファー(運転手)が好んで使ったとされるスタイル。ただし、素早く大きく転舵するのは難しいので、最近のドライビング・スクールでは禁じ手とされることが多い。それでも、スイス・チューリッヒ郊外の、のどかな丘陵地帯で新型ファントムを走らせていた私には、送りハンドルがやはりしっくりくるように思えて仕方なかった。

いくら国際試乗会の場とはいえ、ファントムでコーナーを本気で攻めるのはちょっと気が引ける。おまけに試乗車には広報担当と同業者が同乗していたので、ハードコーナリング時のロールが小さくないこのクルマで飛ばせば、彼らに不快な思いをさせかねない。そんな遠慮もあってペースを抑えていたのだが、後方からタイプ997のポルシェ911が次第に迫ってくるではないか。

こんなところで競争心をあらわにする必要はないのだが、パッセンジャーに気づかれない範囲だったら構わないだろうと思った私は、ほんの少しずつスロットルを踏み込む量を増やしていった。しかし、911は簡単には引き下がらない。私は急激なGの変化を避けるように丁寧な運転を心がけつつ、送りハンドルのままさらにペースを上げた。すると、バックミラーのなかの911はようやく小さくなっていったのである。

しばらく走った先にあった交差点で停まると件の911が追い付いてきて、私たちにしきりにサムアップを送ってくれた。どうやら、911でも追い付かないペースで走るファントムの姿がかなり印象的だったらしい。私もサムアップで応えると、2台はここで別々の方向に進んでいった。そして走り去る911の後ろ姿を見て、それがカレラSであることに初めて気づいた。

おすすめのバックナンバー

2018/10/27

ロールス・ロイス・ファントムを運転してみたら、ドライバーズカー...

  • ニューモデル

2018/04/11

NSXに試乗できる!! モーターファンフェスタ2018運転&同乗、超体感...

  • イベント

2017/08/07

ロールス・ロイス・ファントム、新型8代目へ14年ぶりにフルモデルチ...

  • ニューモデル

2017/07/14

ジョン・レノンのロールス・ロイスがロンドンに里帰り!

  • ニュース・トピック

2017/07/06

ロールス・ロイスが「偉大な8台のファントム」を発表

  • ニュース・トピック

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

ロールスロイス

ファントム


ランキング

2019/04/21

〈ホンダS660〉走る楽しさを徹底追求したミッドシップオープン【ひ...

  • ニューモデル

2019/04/21

スーパーカブを改造するのって、なんだかとっても楽しそうだ。

  • モーターサイクル

2019/04/22

〈スズキ・アルト〉軽量&低価格を追求したスタンダードモデル【ひと...

  • ニューモデル

2019/04/20

実力伯仲!ただし価格は170万円差。 新型スープラとポルシェ・ケイ...

  • ニュース・トピック

2019/04/21

iPhoneやAndroidスマホをフル活用できるカーオーディオ カロッツェ...

  • ニュース・トピック
Был найден мной классный веб портал со статьями про бумага для принтера.
http://topobzor.info/zhidkost-dlja-jelektronnyh-sigaret-s-alijekspress-–-kak-vybrat-i-kupit/

nationwide coin and bullion bbb