• 2017/10/31
  • OPTION編集部

チューニングカー2000ps時代到来か!? 世界のレベルを見据えたR35 GT-Rチューンに挑む!!

世界のレベルを見据えたR35 GT-Rチューンに挑む!!

クルウチのGT-R制作プロジェクトスタート!!

ひと昔前は“ウソ800馬力”などと揶揄されることも多かったチューニングカーの出力。しかし、時代を重ねることで実際に1000psを越えるチューニングカーも当然となりつつある。そして、今、GT-Rをベースに2000psを目指したチューニング計画がスタートしているのだ。

「世界レベルのR35GT-Rチューンに挑む!!」そんな目標を立て、着々と準備を進めてきたというクルウチ。

元々ドラッグ系のパワーチューンを得意とし、10年以上前にRB26を搭載したS30Zで9秒6を記録するなど活躍してきたショップだ。

ちょうどR35GT-Rの専門誌を制作するタイミングと、このプロジェクトのスタートが重なったこともあり、制作されるガレージに向かった。

ここで製作がスタートしたマシンの持つ目標は2000ps!! なんか夢のような話をしてるように感じるかもしれないが、ことR35GT-Rチューニングで言えば現実味のある数字なのだ。

たしかに日本国内のチューニング事情でいえば、最上限で1200〜1300ps。しかし、一歩進んでいる世界のレベルは2000psもあたり前でそれ以上。

記録されているゼロヨンなどの数値からしても決して誇大な表現ではないことがわかる。トップクラスはゼロヨンで6秒台、その終速は350km/hに迫っているという。

世界はそれだけ進んでいるのだ。そして、日本にはあまり入っていないが、それを実現するためのパーツも多数製品化されているのが現実なのだ。

「まだ何もできていない私がいうのもなんですが、世界のレベルは日本から見ると遥か彼方。しかし、どうせパワーチューンに挑むならそこを目指さなくてはいけないと思うんです。相当厳しい覚悟は必要ですが、そのためのパーツ集めと情報収集を進めながら、ちょうど作業に取り組み始めたところです、時間はかかるかもしれませんがやり遂げたいです」とはクルウチの代表、久留内さん。

というわけで、これまでの日本車には見られなかったほど、ワールドワイドな展開となっているのがR35GT-Rカスタムの世界。秀逸なチューニングベースとして世界中のチューナーがパワーチューンに挑み、しのぎを削りあっているのだ。

本家とも言える日本のチューナーとして、そのバトルの中に加わっていきたいと夢を描くのは当然のこと。クルウチのマシンメイクが進んだときには、その続報をみなさんにお届けしたい!!

自動車業界 特選求人情報
AnimeandMangaTechキャリア


ランキング

2019/05/26

日本では買えないマツダ、スバルのフラッグシップSUV CX-9とアセン...

  • ニュース・トピック

2019/05/26

これがオーナーの本音! マツダCX-5編「長所は? 短所は? 燃費は?...

  • ニュース・トピック

2019/05/26

「3か30か、それが問題だ」マツダ3の最大のライバルは輸入ブラン...

  • ニュース・トピック

2019/05/24

マツダ3が正式デビュー! 価格、スペック、カラーバリエーション一...

  • ニューモデル

2019/05/26

「新型カタナ」がストリートでエキサイティングなワケは、GSX-R1000...

  • モーターサイクル
www.rs-clinic.com.ua

Acheter Dapoxetine 60 mg