• 2017/10/27
  • AnimeandManga編集部 山田 俊輔

【東京モーターショー詳報】やっぱりスズキは10インチを選択! 125ccスクーター「SWISH」

エッジの効いたデザインのフロントマスクには、スズキの125ccクラスでは初の標準採用となるLEDヘッドライトをセット。

10月25日、東京ビックサイトにて第45回東京モーターショー2017(会場:東京ビックサイト)が開幕。スズキブースでは、かねてから注目を集めていた125ccスクーターの「SWISH(スウィッシュ)」は、日本での販売を視野に入れていると思われる実用的なモデルが発表された。(Photo:てつかたかし/山田俊輔)

9月20日にアドレスV125シリーズの後継機「アドレス125」を発表したばかりのスズキが、今回のモーターショーで同じ二種スクーターのカテゴリーとなる「SWISH(スウィッシュ)」を参考出品した。

丸みを帯びたようなユニバーサルデザインを採用する「アドレス125」とは異なり、エッジの効いたスタイルが好印象だが、注目すべきは外観だけではない。

注目すべき一つが足周り。従来のアドレス110は前後14インチ、先日発売されたアドレス125は前12インチ・後10インチとしている一方で、スウィッシュは前後10インチを選択している。スズキの二種スクーターにとってこの10インチの足周りは、2スト全盛の25年以上も昔から常にラインナップし続ける、欠かすことのできない存在。小径ホイールを採用することで、「通勤快速」の愛称で親しまれたアドレスV125を彷彿とさせるような「取回しの容易さ」や、「小回りが利き」を獲得。空冷4ストローク単気筒・124ccでアドレス125と同系統のものと思われるエンジンと組み合わせることによって、街乗りの機動力が重視されている。

また機能面も十分な内容で、収納スペースはフルフェイス+αと、ブレーキは前ディスク、後ドラムと標準的なスペック。さらにヘッドライトやポジションランプ、テールランプにはLEDを標準で採用。フロントラゲージ横から5Vのアクセサリー電源も採れるので、スマホといったデジタルガジェットの充電にも便利。

ズバリ、このスウィッシュは、アドレス125の上位グレードといった位置づけだろう。

■主要諸元■
●全長:1831mm
●全幅:716mm
●全高:1108mm
●ホイールベース:1248mm
●パワーユニット:124cc 4ストローク単気筒エンジン

おすすめのバックナンバー

2017/11/05

ボッシュの電動アシスト自転車 さっそく初試乗!【日本初上陸】

  • ニューモデル

2017/11/05

今回のテーマは電動化・自動化ではなく“ホットハッチ”!?【東京モー...

  • イベント

2017/11/03

鏡面仕上げが美しい「RAYS」のプロトホイール【東京モーターショー】

  • ニュース・トピック

2017/11/02

まだ間に合う! 【動画あり】東京モーターショー、スバルのブース...

  • ニュース・トピック

2017/10/31

トヨタ友山茂樹専務、日産総合研究所マーティン・シーアハウス氏、...

  • イベント

2017/10/30

ドコが変わった? 全部変わった!! 「新型モンキー」のスゴイところ...

  • ニュース・トピック

2017/10/30

月曜の朝の憂鬱な気分に! 麗しのコンパニオン35枚【東京モーターシ...

  • ニュース・トピック

2017/10/29

【ヤマハの車】バイク2台積める!サスペンションがカッコイイ!「ク...

  • ニュース・トピック

自動車業界 特選求人情報
AnimeandMangaTechキャリア


ランキング

2019/05/19

トヨタRAV4をホンダCR-V、スバル・フォレスター、日産エクストレイル...

  • ニューモデル

2019/05/17

初期型ハコスカに44年乗り続けるということ 21歳の時に全塗装してか...

  • カスタム

2019/05/20

カタナが原付にも!? スズキ GAG(ギャグ)をカタナ風にアレンジ!【...

  • モーターサイクル

2019/05/19

〈メルセデス・ベンツ GLC〉バリエーション豊富なメルセデスの中核...

  • ニューモデル

2019/05/20

ピュアスポーツのキャラクターを、サイズから考察! アルピーヌA11...

  • ニューモデル
walt disney biography book

top 10 contemporary books