• 2017/09/22
  • AnimeandManga編集部

【日本上陸】マクラーレン570S スパイダー

オープンとクーペの2スタイルを実現するミッドシップスポーツカー。

McLaren 570S Spider 発表会では、日本支社代表の正本嘉宏氏、デザインスタジオのマネージャーを務めるマーク・ロバーツ、アジアマーケティング ディレクターのジョージ・ビッグスの3名によってこのモデルの魅力が語られた。

マクラーレンの最新モデル“570Sスパイダー”が日本に上陸を果たした。リトラクタブル・ハードトップを採用し、オープンとクーペの2スタイルを楽しめるという、注目度の高いミッドシップ2シータースポーツである。

2017年6月下旬に開催されたグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで世界初公開された「マクラーレン570S スパイダー」が遂に日本に上陸、9月22日に横浜港 大さん橋ホールにて発表会が行われた。

この570Sスパイダーは、同社のスポーツシリーズに属するモデルで、クーペやGTに続く第3のボディスタイルとしてラインアップされる、リトラクタブル・ハードトップをもつオープン2シータースポーツ。走行中でも40km/hまでなら開閉が可能で、その作動時間も15秒で完了する。ルーフはメタルトップを採用し、オープンとクーペの2スタイルをもつことから人気を博するのは間違いないだろう。実際、これまで約8割のオーナーがこのスパイダーを選択しているという。

基本構成は、マクラーレンの特徴でもある進化版のカーボンモノコック“モノセルⅡ”に、3.8ℓV型8気筒DOHCツインターボエンジンをミッドに搭載。570ps&600Nmというパワー&トルクを発揮する。最高速度は328km/h、0→100km/h加速は3.2秒とクーペと遜色ないパフォーマンスを実現。その重量差も46kgに留めている。また、この570Sスパイダーは、クーペと比較して12mmほどスポイラーの位置が高くなっているのも特徴で、オープン化に伴い、エアロダイナミクスを考慮してクーペと同等のレベルを維持することにも成功している。

もちろん、オープンモデルには欠かせない、ウインドウ・ディフレクターを装備し、ボタンを押すだけで上下の稼働が可能。ミッドに搭載されるエンジン音を好みに応じて楽しめるのも570Sスパイダーならではの特徴だ。また、エキソーズトサウンドをさらに楽しみたい向きには、トノカバー下にエキゾーストを通過させることによって排気音を車内に送り込む、“エキゾースト・サウンド・ジェネレーター(ESG)”もオプションとして用意されている。

日本における車両本体価格は、2898万8000円(税込)。全国の正規ディーラーにて販売される。

自動車業界 特選求人情報
AnimeandMangaTechキャリア


ランキング

2019/06/15

【原付1種→2種に】50ccのモンキーを“110cc”に、市役所で登録変更し...

  • モーターサイクル

2019/06/16

カワサキW1オーナーが、新型「W800」を堪能してみた。

  • モーターサイクル

2019/06/14

【モンキー125でタンデム】「乗車定員=1名」のバイクを“タンデム仕...

  • モーターサイクル

2019/06/15

三菱RVRもデリカD:5顔に! 欧州仕様のASXの2020年モデル

  • ニューモデル

2019/06/12

ドアの全開にはご注意を…… 実証実験 マツダ ロードスターRF【乗り込...

  • ニュース・トピック
https://shopvashtextil.com.ua/catalog/index/87-polotenca