AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/08/12
  • AnimeandManga illustrated編集部 鈴木慎一

マツダ Mazda3のスカイアクティブXエンジン搭載モデルが高価格な理由を考えてみる。発売は12月に延期

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
Mazda 3 SKYACTIV-X搭載モデル
マツダは、新型マツダ3のSKYACTIV-Xエンジン搭載グレードの発売時期を当初の10月から12月中旬に延期した。延期の理由は従来のレギュラーエンジン仕様からハイオク仕様に変更するため、と報道されている。そもそも、非常に高価格に設定されたSKYACTIV-Xエンジン搭載グレード、その理由を考えてみた。

 マツダは、新型マツダ3のSKYACTIV-Xエンジン搭載グレードの発売時期を当初の10月から12月中旬に延期した。延期の理由は従来のレギュラーエンジン仕様からハイオク仕様に変更するため、と報道されている。ハイオク仕様に変更することで、セッティングや型式認証などの作業で発売延期が必要になったという。

 ご存知の通り、欧州仕様のハイオクはオクタン価RON95だ。一方の日本仕様は当初はレギュラー仕様として開発が進められてきた。日本のレギュラーはRON89以上である。

日本工業規格(JIS)では、
無鉛レギュラーガソリン:RON89.0以上
無鉛プレミアム:RON96.0以上
 と規定されている。

 国内のガソリンスタンドでは
無鉛レギュラーガソリン:RON90
無鉛プレミアム:RON98~100

 のものが販売されている。

 マツダによれば、国際試乗会での高評価を踏まえ、欧州仕様と同じスペックで日本のお客様にもお届けした方がいい、という判断をしたという。

 ちなみに、北米のハイオク仕様は、AKI93無鉛プレミアムに対応する場合が多い。北米仕様のCX-5の2.5ℓターボ(SKYACTIV-G2.5T)はAKI93に対応する。このAKI93は、RONに換算するとRON98となる。
 国内仕様のSKYACTIV-Xのハイオク仕様はJIS規格のRON96以上に対応するはずだが、欧州仕様のRON95より高オクタン価の燃料が使えるわけだ。

SKYACTIV-Xエンジン

欧州仕様のスペックは
圧縮比:16.3
最高出力:180ps(132kW)/6000rpm
最大トルク:224Nm/3000rpm
使用燃料:RON95

 となっているから、国内仕様もほぼ同じスペックとなるだろう。北米のレギュラーガソリンとも言えるAKI87は、RON91にあたるから、おそらく北米でもSKYACTIV-Xは、ハイオク(AKI93=RON98)仕様となるのだろう。

Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb