AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > スズキ > スイフトスポーツ > スズキ・スイフトスポーツをホンダ・フィットRS、日産マーチニスモS、アバルト595と徹底比較!〈インパネ/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉
  • 2019/07/22
  • ニューモデル速報

スズキ・スイフトスポーツをホンダ・フィットRS、日産マーチニスモS、アバルト595と徹底比較!〈インパネ/シート/ラゲッジスペース/スペックetc……〉

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
百万円代で手に入るスポーツカーとして、その登場以来の世界中の好事家に人気のスイフトスポーツが三代目へ進化している。今回は、フィットRS、マーチニスモS、アバルト595という並み居るライバルたちと、コクピット、ユーティリティ、スペックなどを写真と数値で横比較してみたい。

REPORT●小林秀雄(KOBAYASHI Hideo)(身長=173㎝)

※本稿は2017年9月発売の「新型スイフトスポーツのすべて」に掲載されたものを転載したものです。車両の仕様が現在とは異なっている場合がありますのでご了承ください。

スズキ・スイフトスポーツ

ミラー to ミラー:1865mm 開口高:690mm

全長と全高はマーチと同等だが、全幅は1.7mを超えるため3ナンバー登録となる。とはいえ、全長がコンパクトで最小回転半径も5.1mと小回りが効くので、とくに取り回しに気を使う必要はない。


レッドの専用加飾や本革巻きのマルチファンクションステアリングなど、多数の専用装備を備え、スポーティな雰囲気づくりでは頭ひとつ抜けた印象。メーター文字盤のカラーを左右で分ける演出も効いている。

リヤシート高:550mm
フロントシート高:520〜550mm

専用開発されたセミバケットシートは、ホールド性だけでなく座り心地も良好。運転席にはシートヒーターも標準装備される。後席ニークリアランスは約160㎜、頭上空間は約40㎜と必要十分。スイフト標準車と同等の居住性を備える。

230Nm(23.4㎏m)という強大なトルクを2500〜3500rpmの低回転域で発揮。加速性能には目を見張るものがある。

フローフォーミング成形の軽量17インチアルミホイール。コンチスポーツコンタクト5を装着する。

〈最大時〉最大奥行き:1480m 最小幅:1000mm
〈通常時〉高さ:860mm 奥行き:600mm

ホイールベースはマーチと同寸だが、全長が長い分、荷室の奥行きも広い。後席は6対4分割可倒式を採用しているが、背もたれを倒すと少し段差ができる。

ホンダ・フィットRS

ミラー to ミラー:1980mm 開口高:590mm

「RS Honda SENSING」は、オレンジのラインが入った専用フロントバンパーや大型テールゲートスポイラーを装備。四車の中ではホイールベースと全高が最も大きく、そのため室内空間も広い。


「RS Honda SENSING」は、オレンジの差し色を入れたスポーティなインテリアのほか、本革巻きステアリングやステンレス製ペダルを採用。メーターやマルチディスプレイの表示内容は他のグレードと共通だ。

リヤシート高:570mm
フロントシート高:530〜570mm

シートにも「RS」専用カラーを採用するが、形状はいたって普通。スポーツシートというほどのホールド感は期待できない。後席は膝前が約220㎜、頭上が約50㎜とかなり広く、シートにはリクライニング機構も装備されている。

16インチアルミホイールとフィット唯一のリヤディスクを標準装備。タイヤはダンロップSPスポーツ2030。

1.5ℓ直4エンジンは感動を呼び起こすというタイプではないが、燃費がよく、使用燃料もレギュラーと経済性が光る。

〈最大時〉最大奥行き:1590mm 最小幅:1000mm
〈通常時〉高さ:890mm 奥行き:690mm

奥行きは通常時でも十分に広く、フロア手前側の最大幅も120㎜と他車より広い。後席はダイブダウン機構付きの6対4分割可倒式でフラットフロアを実現。

日産マーチニスモ S

ミラー to ミラー:1860mm 開口高:660mm

前後バンパーやルーフスポイラーは「NISMO」専用の意匠。だがマーチ自体が女性向けにマーケティングされていることと、かわいいルックスの影響により、スポーティさより愛嬌が勝ってしまう。


本革/アルカンターラ巻きステアリングやピアノ調フィニッシャー、220㎞/hスケールメーターなど、内装にも「NISMO」専用品を採用。車速感応式電動パワーステアリングには専用チューニングが施されている。

リヤシート高:540mm
フロントシート高:540〜560mm

「NISMO S」にはレッドステッチとロゴが入った専用スポーツシートを標準装備。サイドサポートも大きく、ホールド性に優れる。後席は膝前が約120㎜、頭上が約40㎜と、まずまずの広さを確保。ただし、シートのつくりは平板だ。

「NISMO S」はカムプロフィールや圧縮比、コンピュータ制御に専用チューンを施した1.5ℓ直4エンジンを搭載。

16インチアルミホイールに専用のブリヂストン・ポテンザRE-11を装着。サスやブレーキも専用品だ。

〈最大時〉最大奥行き:1340mm 最小幅:1000mm
〈通常時〉高さ:910mm 奥行き:570mm

スイフトスポーツと比べると幅と奥行きは大差ないが、深さがないために容量は小さい。後席シートは左右一体可倒式で、格納時には大きな段差ができる。

アバルト595

ミラー to ミラー:1875mm 開口高:670mm

フィアット500がベースだけに極めてコンパクト。3ドアなので居住性や乗降性もそれなりだ。インタークーラー冷却用の大きな開口部が、ベビーギャングを彷彿させる強面を生み出している。


フィアット500のポップなデザインに、蠍マークで毒気をプラス。イグニッションオンでアバルトのロゴが浮かぶメーターのすぐ近くには、エンジンやパワステの制御を変化させるSPORTスイッチも装備される。

フロントシート高:570mm

前席にはヘッドレスト一体型のスポーツシートを標準装備。運転席シートリフターは座面先端を基準に後端側が上下する。2名掛けの後席はニークリアランスが70㎜あるのに対して、頭はルーフにつっかえてしまい、窮屈な体勢を強いられる。

1.4ℓの直4ターボはSPORTボタンを押すと最大トルクがアップ。5速MTと5速ロボタイズドMTを設定する。

16インチアルミホイールを標準装備。タイヤはスイフトスポーツと同じコンチスポーツコンタクト5だ。

〈最大時〉最大奥行き:1240mm 最小幅:1000mm
〈通常時〉高さ:880mm 奥行き:530mm

傾斜したテールゲートの影響から天地が狭く、トノカバーまでの高さは530㎜。後席は5対5分割可倒式だが、背もたれを倒してもあまり広くはならない。


モーターファン別冊・ニューモデル速報 ニューモデル速報 Vol.559 新型スイフト スポーツのすべて
これまでの1.6L自然吸気エンジンから、スイフトスポーツ初の1.4L直噴ターボエンジンへとスイッチし、大幅なトルクアップを実現。加えてワイドトレッド&ワイドフェンダーの3ナンバーボディとなりながら1tを切る軽量ボディで、”史上最速のスイフトスポーツ”の称号に相応しい速さを身に着けました。

ドライビングインプレッション
ライバル車比較試乗
開発ストーリー
メカニズム詳密解説
デザインインタビュー
使い勝手徹底チェック
バイヤーズガイド
縮刷カタログ
Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb