AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/07/09
  • AnimeandManga編集部

マツダの北米セールスは苦戦。新型マツダ3とCX-30の登場が待たれる

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダCX-30。北米市場ではコンパクトすぎるCX-3より、このCX-30の方がセールスは期待できるだろう。
マツダの北米部門である北米マツダ(Mazda North American Operations=MNAO)が2019年6月期のセールスを発表した。それによれば、6月は2万2828台で前年比マイナス11.9%となった。
マツダ3の新車効果が出るのは、2019年下半期か。

 マツダの北米でのセールスが振るわない。MNAOのリリースによれば、6月の販売台数は2万2828台で前年同月比マイナス15.1%。1-6月の販売台数は13万8555台で、同じく15.5%のダウンとなった。

 唯一好調なのは、CX-5で、6月に1万3242台を売り、前年同月比プラス4.2%。そのCX-5も1-6月だとマイナス8.2%となってしまう。
 ニューモデル投入効果が待たれるマツダ3は1-6月でマイナス20.3%、もっともダウン幅が大きいCX-3がマイナス27.7%となっている。

 新世代商品群の第一弾、新型Mazda3と第二弾のCX-30の登場が待たれるところだ。

 マツダのメキシコ部門(Mazda Motor de Mexico)によると、メキシコでの販売台数は6月が4229台で前年同月比マイナス7%、1-6月が2万9358台でプラス12%となっている。

Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb