AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/06/08
  • AnimeandManga編集部

ドゥカティ・ディアベル1260がクルーザーに生まれ変わった!【 2,285,000円〜】

ドゥカティ・ディアベル1260S
「クルーザーに生まれ変わった」……というとちょっと大げさだが、今回発表された新型ディアベル1260は、スポーツバイク、スポーツネイキットという従来の2つのコンセプトに、新たにクルーザーの要素を加えることで、今までのドゥカティとは異なる存在に生まれ変わり、2019年6月8日、千葉県千葉市にてメディアに向けたお披露目会が行われた。

ドゥカティ・ディアベル1260……2,285,000円

ドゥカティ・ディアベル1260S……2,680,000 円

ディアベル1260のデザインコンセプト

ディアベエル1260はこの3つのコンセプトを融合し、誕生した

 第二世代となる「ディアベル 1260」 は、極めて特別なバイクを製作するというオリジナルの精神に忠実に従いながらも、主要なスタイル・エレメントをさらに進化させて、最先端のモーターサイクルに仕上げられた。この新型ディアベルは、よりアグレッシブなスタイルとパフォーマンスをさらに昇華させ、あらゆる路面で、ライダーとパッセンジャーにより楽しく、快適な走りを提供する。そのスポーツネイキッド魂は、テスタストレッタ DVT1262 エンジンによって、さらに強化されている。
また、ディアベル1260 は、アップグレードされたシャシーセットアップにより、さまざまな状況でさらに鋭いレスポンスを実現。ブレーキにボッシュ製コーナリングABS を搭載したことにより、制動安全性も高められた。

 新型ディアベル1260 のパワーユニットには、可変カムタイミングを備えた 1262ccの「ドゥカティ・テスタストレッタ DVT エンジンを採用。このエンジンは、既に Xディアベルに搭載され、高い評価を得ているもので、今回パフォーマンスを最適化し、チェーン・タイプのファイナル・トランスミッションを採用してアップブレードされました。このエンジンはまた、高品質な仕上げによるクリーンで高級感あふれるサイドビューを提供し、スタイルの点でもモーターサイクルのハイライトとなっている。ディアベル 1260 に搭載されるこのL型2気筒エンジンは、159ps(117kW)/9,500rpm の最高出力と 129Nm(13.1kgm)/7,500rpm の最大トルクを発生。低中回転域から力強いパワーを発揮するこのエンジンは、その優れたエンジンレスポンスで、ライダーのあらゆるニーズに応える。インテークおよびエグゾースト・カムシャフトを連続的に制御する可変タイミング・システムのおかげで、ライディングの状況に応じてパワーデリバリーを調整することができる。そのため、低回転域ではスムーズな作動を実現し、高回転域ではスポーティな特性を発揮する。

 第一世代のディアベルで高い評価を得たライディングポジションと、“パワークルーザー”と呼ばれる独自のエルゴノミクスは、そのまま継承。今回変更されたのは、シャシーのセットアップで、新設計の鋼管トレリスフレームを採用した。アルミ製のスイングアームを懸架するフレームは、素晴らしいコーナリング性能、優れたライディング・フィールと乗り心地を実現する。

 搭載する電子制御の一つボッシュ製6軸慣性測定ユニット(6D IMU)は、モーターサイクルの速度と加速度を瞬時に検知するというもの。これらのデータを活用し、ボッシュ製コーナリングABS EVO、ドゥカティ・トラクション・ コントロール(DTC) EVO、ドゥカティ・ウィリー・コントロール(DWC)EVO、ドゥカティ・パワー・ ローンチ(DPL)EVO、クルーズコントロールを制御する。

ディアベル1260主な装備

・ドゥカティ・テスタストレッタ DVT1262エンジン
・鋼管トレリス・フレーム
・アルミニウム製片持ち式スイングアーム
・50mm径フル・アジャスタブル・フロントフォーク
・プリロード/伸び側の減衰力調整が可能なリア・ショックアブソーバー
・ブレンボ製 320mm 径フロント・ダブル・ディスク、M4.32 モノブロック・キャリパー、 265mm 径リア・ディスク
・LED ヘッドライト、テールライト、インジケーター
・TFT カラー液晶メーターパネル
・エレクトロニクス・パッケージ:ボッシュ製6軸慣性測定ユニット(6D IMU)、 ボッシュ製コーナリング ABS EVO、ドゥカティ・トラクション・コントロール(DTC)EVO、 ドゥカティ・ウィリー・コントロール(DWC)EVO、ドゥカティ・パワー・ローンチ(DPL )EVO、クルーズ・コントロールを含む
・ドゥカティ・マルチメディア・システム(DMS)(オプション対応可)
・ドゥカティ・クイック・シフト(DQS)アップ/ダウン EVO(オプション対応可)

ディアベル1260S主な装備(ディアベル1260との違い)

・オーリンズ製 48mm 径フル・アジャスタブル・フロントフォーク
・オーリンズ製フル・アジャスタブル・リアショック・アブソーバー
・ブレンボ製 M50 モノブロック・フロント・ブレーキ・キャリパー
・マシン仕上げホイール
・LEDデイタイム・ランニング・ライト(DRL)付きヘッドライト・システム o ドゥカティ・クイック・シフト(DQS)アップ/ダウン EVO(標準装備)
・ドゥカティ・マルチメディア・システム(DMS)(標準装備)
・インサート付き専用シート

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る