AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/06/07
  • AnimeandManga illustrated編集部 鈴木慎一

世界最高圧縮比16.3! 180ps/224Nm マツダSKYACTIV-Xエンジンのスペックが正式発表! 燃費性能は?

新型マツダ3 スカイアクティブXエンジン詳報

マツダの欧州部門は欧州でのマツダ3、スカイアクティブXエンジン搭載車の受注を開始した。と同時に、スカイアクティブXエンジンのスペックも発表された。

 ついに、新型マツダ3から搭載が始まるマツダの革新的エンジン「SKYACTIV-X」エンジンのスペックが明らかになった。


Xのスペックを予想する。SKAYCTIV-Xの圧縮比は「15.0」。ガソリンエンジン量産車最高の圧縮比で最高熱効率か

 この記事で、SKYACTIV-Xエンジンの圧縮比は、日本仕様で15.0、欧州仕様も15.0と予想したが、外れた。

 正式発表された欧州仕様のSKYACTIV-Xエンジンのスペックはこうだ。

マツダ3 SKYACTIV-X
■SKYACTIV-X(欧州仕様)
シリンダー配列:直列4気筒
排気量:1998cc
内径×行程:83.5 mm×91.2mm
圧縮比:16.3
最高出力:180ps(132kW)/6000rpm
最大トルク:224Nm/3000rpm
給気方式:スーパーチャージャー
カム配置:DOHC
使用燃料:RON95

 なんと圧縮比は「16.3」である。マツダのディーゼルエンジンSKYACTIV-Dより高く、並のディーゼルエンジンより高く、現在ぶっちぎりで量産ガソリンエンジン世界一の圧縮比である。


発表間近の新型マツダ・アクセラが積むSKYACTIV-Xがすばらしい理由──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第1弾

 RON95(日本だとハイオク仕様ということになる)での圧縮比だが、16.3は開発途中に発表されていた圧縮比:16.0を上回っている。

 一方、最高出力は180ps(132kW)だ。これは開発目標値の190ps(140kW)には届かなかったが、24Vのマイルドハイブリッドとの組み合わせであえて無理をしないスペックなのかもしれない。

 最大トルクは目標値230Nmに対して、224Nm/3000rpmとなった。

 ベースとなったSKYACTIV-G2.0、SKYACTIV-D1.8と比べてみよう。

■圧縮比
SKYACTIV-X:16.3
SKYACTIV-G2.0:13.0
SKYACTIV-D1.8:14.8
■最高出力
SKYACTIV-X:180ps(132kW)/6000rpm
SKYACTIV-G2.0:156ps(115kW)/6000rpm
SKYACTIV-D1.8:116ps(85kW)/4000rpm
■最大トルク
SKYACTIV-X:224Nm/3000rpm
SKYACTIV-G2.0:199Nm/4000rpm
SKYACTIV-D1.8:270Nm/1600-2600rpm

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る