AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/06/08
  • AnimeandManga編集部

トヨタ・センチュリーのメカニズムを徹底解説!

伝統を守り、進化させるものづくり

その登場から50余年の間で二回目のモデルチェンジを迎えたセンチュリーは、数多くの台数を販売して利益を上げるために開発される量販車とは異なり、工業製品でありながら、工芸品の域に踏み込むようなものづくりが施されている。
TOYOTAの誇りとともに、最高の素材と技術の枠を集め、地道に手間暇を掛けてつくりあげられるセンチュリーの技術背景を紹介する。

図版解説●安藤 眞/編集部

将来的な体格の向上も見込んで設計された室内空間

ホイールベースが伸ばされ、前後座席の間隔が広げられたほか、頭上スペースも拡大され、よりくつろぎやすい空間となった後席。パッケージングの基本は日本人の体型に合わせたものだが、この余裕の空間は将来的な体格の向上への対応も考えられている。

パワートレーンはV8エンジン+ハイブリッド

パワートレーンはレクサスLS600hと同じ、V8ハイブリッドシステムを搭載する。エンジンは2UR-FSE型。排気量4968㏄のV型8気筒エンジンだ。燃料噴射は直噴とポート噴射を併用するD-4S。動弁系はローラーロッカーアームを介したDOHC4バルブで、吸排気両側のカムシャフトにタイミング可変機構を装備する(吸気側は電動)。ハイブリッドシステムは、遊星歯車でエンジンとモーターの分担率をシームレスに変えるTHS-Ⅱ。走行用バッテリーは、実績のあるニッケル水素式を採用する。

和装やロングドレスでもOK。


乗り降りのしやすさや所作の美しさまでもが考えられ、段差が消された後席サイドステップ部。しかしその実現は次頁で解説するように簡単なものではなかったが、仕入先も含めたオールトヨタの技術と熱意で達成された。

乗り降りを美しく見せるための工夫

上体の動きや足さばきの美しさのため、フラットな後席フロアに加えてドアの開口形状やヒップポイントの高さも検討が重ねられ、最適な数値が導き出された。

最上のリラックスを提供する

幅広い体格の乗員を想定した上、脚部各部位の角度や支持具合、重心の位置までが検討され、不快な圧迫などを回避。フットレストとオットマンという2つの使い方を実現し、理想的なくつろぎを提供する。

美しい空間のための緻密な調整

前後席を隔てる壁となる前席シートバックと大型のタワーコンソールは、ともに水平基調のため、わずかな傾きも目立ってしまう。対策としてコンソールの平行を調整できる機構が盛り込まれた。

各部の握り具合を統一し違和感を徹底排除

ドアアームレストやグリップなど、後席乗員が触れる部分の形状や触感を統一している。完成してしまうと、その違和感のなさから気づきにくい部分だが、「気にならない」ということが最高のもてなしということだろう。

ルーフアシストグリップ

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る