AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/12
  • AnimeandManga編集部 鈴木慎一

なぜ直6、排気量は? どんなエンジンになる? マツダの直列6気筒を予想する

MAZDA INLINE 6 CYLINDER SKYACTIV-X&D

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

 直列6気筒のSKYACTIV-D3.0(と勝手に命名する)は、まったく問題ないだろう。パワーも出力もメルセデス・ベンツ、BMWに負けない、それでいてさらに優秀な燃費性能やエミッション性能を発揮する直6ディーゼルができるはずだ(もちろん開発はきっととても大変なのだろうけれど)。

 このディーゼルのメイン市場は欧州、そして日本ということになろう。
 しかし、プレミアムカー市場でもっとも大きなアメリカ市場、そして今後期待できる中国市場は、ディーゼルの人気がない。


CX-5で初導入 ディーゼル不毛の地、アメリカでマツダのSKYACTIV-Dは成功するか?

 そこで直6ガソリンが必要になるわけだ。
 マツダの中期経営方針の資料には

直列6気筒SKYACTIV-X
直列6気筒SKYACTIV-D GEN2
と記されている。

 これによれば、直6ガソリンエンジンは、革新的燃焼を実現したSPCCIエンジンと言うことになる。超リーンバーン、超高圧縮比エンジンであるSKYACTV-Xエンジンの直6版と考えると、直4SKYACTIV-Xの「目標トルク110Nm/ℓで330Nmという最大トルクになってしまう。


発表間近の新型マツダ・アクセラが積むSKYACTIV-Xがすばらしい理由──安藤眞の『テクノロジーのすべて』第1弾

メルセデス・ベンツの直6:520Nm
BMWの直6:500Nm

 と比べて見劣りがしてしまう。ライバルがターボ過給をしているのに対して、マツダSKYACTIV-Xは電動コンプレッサーによる過給。これもリーンバーンのための空気供給のためで、いわゆるターボパワーのための過給ではない。その恩恵で、SKYACTIV-Gより10%燃費がよくなるというが、北米市場での直6の存在は、燃費よりもパワーだ。ここをマツダがどうブレークスルーするのか、本当に楽しみだ。
 
 鍵を握るのは、48V MILD HYBRIDとPHEV化という電動化にあるのだろう。
 メルセデス・ベンツの直6エンジンは、すでに48VのISGを組み合わせたマイルドハイブリッド化している。となると、考えられるのは

48Vマイルドハイブリッドを組み合わせた超高効率な革新的3.0ℓSKYACTIV-X直6

メルセデス・ベンツ、BMWを上回るパワーとトルクで燃費性能でも負けないSKYACTIV-G3.0

 の両面作戦だ。
 革新的3.0ℓSKYACTIV-X直6は、マツダのプレミアム性を引っ張るシンボル的な存在。ビジネス的にはSKYACTIV-G3.0を北米・中国で売る……という作戦なのではないか?

 とはいえ、そう遠くない将来にマツダの直列6気筒エンジンを見ることできる。それまで、さまざまな推理をして楽しむのがいいだろう。

Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb