AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > トヨタ > RAV4 > トヨタRAV4をホンダCR-V、スバル・フォレスター、日産エクストレイルと徹底比較!【ライバル比較インプレッション】
  • 2019/05/12
  • ニューモデル速報

トヨタRAV4をホンダCR-V、スバル・フォレスター、日産エクストレイルと徹底比較!【ライバル比較インプレッション】

「開拓車の新たな挑戦」クロスオーバーSUVというジャンルを開拓したトヨタRAV4! 五代目となる新型は、市場に新たな刺激を与える存在となり得るか?

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタRAV4 Adventure

3種類の4WD システムを用意するが、最も注目なのが2.0ℓエンジンに組み合わせられる、ダイナミックトルクベクタリングAWD 。後輪に配分されたトルクを左右に振り分けて、姿勢や挙動を最適に制御する。ラゲッジや後席の居住性も緻密に計算され、満足ゆく仕上がりのパッケージとなっている。

■トヨタRAV4 Adventure
WLTCモード燃費:15.2㎞/ℓ 直列4気筒DOHC/1986㏄ 最高出力:171㎰/6600rpm 最大トルク:21.1㎏m/4800rpm 車両本体価格:313万7400円

ホンダCR-V EX Masterpiece

初代RAV4を追うようにしてデビューしたCR-V 。以来常にライバルとして市場で鎬を削り続ける。RAV4同様に一時日本市場には導入されていなかったが、日本と欧州市場ターゲットに鍛え上げられ、満を持して再登場。乗り味の評価の高いハイブリッド車と、今回試乗した1.5ℓターボを設定する。

■ホンダCR-V EX Masterpiece(4WD/5人乗り)
JC08モード燃費:15.0㎞/ℓ 直列4気筒DOHCターボ/1496㏄ 最高出力:190㎰/5600rpm 最大トルク:24.5㎏m/2000-5000rpm 車両本体価格:380万7000円

スバル・フォレスター X-BREAK

水平対向エンジンとシンメトリカルAWDを連綿と熟成させながら搭載するスバル車にあって、最も売れているのがフォレスター。SIドライブによる出力特性の制御や悪路走破性を高めるX-MODEも搭載するが、スバルの伝統でもある「クルマとしての素性の良さ」による気持ちの良い走りがフォレスターの魅力だ。

■スバル・フォレスター X-BREAK
WLTCモード燃費:13.2㎞/ℓ 水平対向4気筒DOHC/2498㏄ 最高出力:184㎰/5800rpm 最大トルク:24.4㎏m/4400rpm車両本体価格:291万6000円

日産エクストレイル 20Xi 4WD

2013年登場とライバルの中では最もデビューの早いエクストレイル。それだけに、そこかしこに設計年次の古さによるビハインドもあるが、地道なマイナーチェンジによってライバルに劣らない商品性を維持している。日産自慢の先進機能プロパイロットや、ハイブリッド、3列シートと、幅広い選択肢も魅力のひとつ。

■日産・エクストレイル 20Xi 4WD
JC08モード燃費:15.6㎞/ℓ 直列4気筒DOHC/1997㏄ 最高出力:147㎰/6000rpm 最大トルク:21.1㎏m/4400rpm車両本体価格:285万8760円


モーターファン別冊・ニューモデル速報 ニューモデル速報 Vol.583 新型RAV4のすべて
初のトルクベクタリングAWDを含め3種の4WDを用意する本格SUV

ドライビングインプレッション
ライバル車比較試乗
開発ストーリー
メカニズム詳密解説
デザインインタビュー
使い勝手徹底チェック
バイヤーズガイド
縮刷カタログ
Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb