AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/05/11
  • AnimeandManga編集部 小泉 建治

やる気のないヤツは乗るな! ハスクバーナ・ヴィットピレン701試乗記〈四輪エディターによる二輪インプレッション〉

HUSQVARNA VITPILEN 701 Impression from Editor's room

スウェーデンからやってきた、「白い矢」という意味のネーミングを持つネイキッドモデル、「ヴィットピレン701」に試乗する機会を得た。700ccというキャパシティを持つビッグシングルエンジンと250ccクラスにも比肩する軽量な車体がもたらす、鮮烈極まりない走りを堪能する。

TEXT&PHOTO●小泉建治(KOIZUMI Kenji)

都会派のように見えて、とんでもない武闘派

 なにしろオシャレで前衛的なデザインである。現代彫刻のようなタンクからスパッと切り落とされたようなテールカウルに至るまで、まるでコンセプトモデルにそのまま保安部品を付けたような風体で、オーセンティックなネイキッドスタイルながらほかの何にも似ていない。

 シート高は830mmと、けっして低くはない。身長174cm、体重75kgの筆者が両足を地面に降ろすと、かかとがわずかに浮く。ハスクバーナはスウェーデンにルーツを持つブランドで、現在はオーストリアのKTMの傘下にある。平均身長の高さでは世界でも指折りの国々であり、そんな彼らがつくるバイクのシート高に日本人が口を挟む余地はない……とはいえ、157kg(燃料を除く)という250ccクラス並みの軽量さのおかげで、実際のところそれほど不安は覚えないはずだ。

 個人的にはネイキッドながら足つき性よりも乗車姿勢を優先した、スーパースポーツのような設計思想に共感を覚えた。

 エンジンをかけると、ダダダダダダダダッと、威勢のいいアイドリング音が響き渡る。クラッチをつなぐと、ビッグシングルらしく即座にリヤタイヤが地面を蹴り上げるような強大なトルクが発揮され、身体が後ろに置いていかれそうになる。

 これだけトルクがあるのだから早めのシフトアップで低回転域の鼓動を味わおうと、すぐさま2速に入れると、ガッガッガッガッとギクシャクしてまともに走れない。あわてて1速に落とすと、今度はまたしても極太トルクで猛然と加速する。

 これだけオシャレな見た目で、ビッグシングル……。街中をトコトコと流す都会派かと思いきや、このバイク、トコトコ走れません。

 それではと、上までキッチリ回してみる。ビッグシングルだし、どうせすぐに頭打ち感が来るだろうと高をくくっていたら、いやいや回る回る! そして痛快極まりない炸裂感! 車体の軽さも相まって、まさに放たれた矢のように加速していく。

オーセンティックな丸型ヘッドランプは上下に分割式で、上がロービーム、下がハイビームだ。
フロントサスペンションはWP製の倒立フォークで、43mm径だ。
フロントブレーキはブレンボ製の対向4ポッドで、ラジアルマウントされる。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
アーク溶接
相対する両極に電源をつなぐとアークが発生するが、このアークの熱エネルギーを利...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る