AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ホンダ > N BOX > 〈ホンダ N-BOX〉先代譲りのパッケージングが飛躍的に進化【ひと目でわかる軽自動車の魅力】
  • 2019/04/09
  • AnimeandManga編集部

〈ホンダ N-BOX〉先代譲りのパッケージングが飛躍的に進化【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影車両:G・Lターボ Honda SENSING(FF)
月間販売台数:8929台(18年8月〜19年1月平均値)
現行型発表:17年8月
JC08モード燃費:27.0㎞/ℓ ※「G・Honda SENSING」「G・L Honda SENSING」「G・EX Honda SENSING」のFF車

写真解説●蔵田智洋(KURATA Toshihiro)
PHOTO●石原 康(ISHIHARA Yasushi)/平野 陽(HIRANO Akio)
MODEL●藤木由貴(HUJIKI Yuki)
全高 1790㎜ 全幅 1475㎜ ミラー・トゥ・ミラー 1820㎜
開口高 410㎜

全長 3395㎜ 最小回転半径 4.5m〜4.7m

■主要諸元 G・Lターボ Honda SENSING
全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1790
室内長×室内幅×室内高(㎜):2240×1350×1400
ホイールベース(㎜):2520
トレッド(㎜)前/後:1305/1305
車両重量(㎏):910
エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ
総排気量(㏄):658
最高出力(kW[㎰]/rpm):47[64]/6000
最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):104[10.6]/2600
燃料タンク容量(ℓ):27(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:155/65R14
最小回転半径(m):4.5
JC08モード燃費(㎞/ℓ):25.6
車両本体価格:169万5600円

乗降性

〈前席〉ステップ高 350㎜ 助手席シート高 720㎜
〈後席〉ステップ高 370㎜ シート高 740㎜

前後席ともルーフが高く、ステップ高は低く、サイドシルの段差がない。後席開口部は高さ1240㎜×幅645㎜と大きい。リヤシートは高めなので楽に立ち上がれる上、ピラーのアシストグリップのおかげでお年寄りや子供も乗り降りが楽だ。

全高の高さと四隅に配置されたタイヤで室内空間を最大限に活用している機能的なデザイン。リヤゲートは開口高の低さが印象的だ。ヘッドライトとテールランプは夜間の視認性に優れるフルLEDを採用する。

先進安全装備

ミリ波レーダー、単眼カメラ、ソナーセンサーなどを融合した高精度な検知機能と多機能な安全運転支援システム。ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)を組み合わせる先進安全装備を全車標準装備としている。

撮影車両データ

ボディカラー:プレミアムアイボリー・パールⅡ&ブラウン
オプション装備:ドラレコあんしんパッケージ(21万9240円)/フロアカーペットマット(2万4840円)/特別塗装色(8万1000円)

ボディカラー

快適に過ごせるゆとりある大空間

インパネ


ステアリング上から見るタイプのメーターは、走行中の視線移動が少なく安全性が高い。その下にはリッド付きの収納も。室内各部に収納トレーを設けるなど、使い勝手が良い。助手席側Aピラーの根元には幅寄せの際にタイヤ周辺を確認できるミラーが内蔵されている。

前席

ベンチシートタイプの前席。座面はしっかり感があり、長時間でも疲れにくい。「G」以外は運転席に50㎜のシートリフターが備わり、小柄な人でも見晴らしの良いポジションが得られて車両感覚を掴みやすい。

後席

長距離ドライブも想定したシートはクッションが厚く、しっかりした掛け心地だ。さらに低床フロア設計で足元、頭上ともに圧倒的な広さがあり、大柄な人でも快適に過ごせる。前後方向に190㎜のスライドが可能。

ラゲッジルーム

〈通常時〉奥行き 410㎜
〈後席格納時〉高さ 1160㎜ 奥行き 1520㎜ 幅 900㎜

荷室からワンアクションで畳める5対5分割可倒式シートを採用。通常時、後席格納時ともに奥行きが十分にあり、助手席の背もたれを後ろに倒せばインパネまでの長さは2180㎜もある。ラゲッジフロアから地面までは500㎜ととても低く、重い荷物や自転車などの積載も容易にこなせる。

Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb