AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ホンダ > N BOX > 「N-BOX」シリーズが2018年度 新車販売台数 第1位を獲得!
  • 2019/04/04
  • ニューモデル速報

「N-BOX」シリーズが2018年度 新車販売台数 第1位を獲得!

ホンダ初となる2年連続の年度新車販売台数首位獲得!

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
ホンダの「N-BOX」シリーズの2018年度(2018年4月~2019年3月)における販売台数が23万9706台※1となり、軽四輪車新車販売台数において4年連続となる第1位を、さらに登録車を含む新車販売台数において2年連続となる第1位※2を獲得した。年度の新車販売台数において、2年連続で第1位を獲得するのはホンダで初めての記録となる。

N-BOXシリーズ2年連続国内販売台数No.1!

N-BOXシリーズ4年連続軽販売台数No.1!


N-BOX SLASH

 N-BOXシリーズは「N-BOX」、「N-BOX SLASH(エヌボックス スラッシュ)」をラインアップし、幅広い層のユーザーから支持されている。

 N-BOXは、軽乗用車最大級※4の室内空間や存在感のあるデザインに加え、全タイプに標準装備※5とした先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」や、優れた走行性能・燃費性能で、N-BOX SLASHは、豊富なラインアップを揃えた個性的なインテリアデザインや本格的な重低音を楽しめるサウンドマッピングシステムなどが支持されている理由だ。

この夏のフルモデルチェンジに注目が集まるN-WGN。

 「N」シリーズ※6は、2011年のN-BOX発売以来、約230万台を販売。このNシリーズの魅力をさらに拡大するため、今夏には「N-WGN(エヌワゴン)」のフルモデルチェンジを予定している。今後もN-BOX、そしてNシリーズの動向から目が離せない。

N-VAN
N-ONE

※1 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会(全軽自協)調べ
※2 一般社団法人 日本自動車販売協会連合会および全軽自協調べ
※3 N-BOX +(エヌボックス プラス)は2017年8月に販売終了
※4 2017年8月時点。室内三寸法(室内長、室内幅、室内高)に基づく。Honda調べ
※5 一部のタイプではHonda SENSINGを装備しない仕様も選択可。
※6 N-BOXシリーズ、N-ONE(エヌワン)、N-WGN(エヌワゴン)、N-VAN(エヌバン)

Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb