AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/11
  • 遠藤正賢

より長くて広くて速いのはどっち? メルセデス・マイバッハS650vsメルセデス・ベンツS600ロング ダイムラー製VIPカー サイズ比較

メルセデス・マイバッハS650vsメルセデス・ベンツS600ロング

メルセデス・マイバッハS 650
究極のエクスクルーシブ性を追求する威厳と風格を備えたブランドとして誕生した「メルセデス・マイバッハ」の最上級モデル「メルセデス・マイバッハS 650」。

メルセデス・ベンツブランドにおいて最もプレステージ性の高いモデルとして君臨する「メルセデス・ベンツS 600ロング」。

両車のボディサイズ、後席の居住性、最小回転半径、エンジン性能を比較してみよう。

メルセデスAMG S 65ファイナルエディション

 3月5日より開催されたジュネーブモーターショーで、6.0ℓ V12エンジンを搭載する「メルセデスAMG S 65」の「ファイナルエディション」が、全世界130台限定モデルとして発表された。

 これはつまり、「メルセデスAMG S 65」のみならず、同じ6.0ℓ V12エンジンを搭載する「メルセデス・マイバッハS 650」と、スペックは異なるものの6.0ℓ V12という点では共通の「メルセデス・ベンツS 600ロング」も、早晩生産終了する可能性が高いことを意味している。これらを新車で購入するのを以前より検討していたエグゼクティブに、迷っている時間はほとんど残されていないと言っていいだろう。

 この3台の中から、ショーファードリブンカーとしての性格が強い「メルセデス・マイバッハS 650」と「メルセデス・ベンツS 600ロング」を、日本仕様同士で比べてみた。

メルセデス・マイバッハS 650 全長×全幅×全高:5465×1915×1495mm ホイールベース:3365mm トレッド:フロント1630/リヤ1645mm

メルセデス・ベンツS 600ロング 全長×全幅×全高:5255×1900×1495mm ホイールベース:3165mm トレッド:フロント1635/リヤ1635mm

「メルセデス・マイバッハS 650」は、標準ボディのSクラスより130mmホイールベースが長いロングボディの「メルセデス・ベンツS 600ロング」よりもさらに200mmも延長されており、総計330mmもの延長分はすべて後席の快適性向上に充てられている。

メルセデス・マイバッハS 650 後席ヘッドルーム:963mm 後席ニールーム:325mm

メルセデス・ベンツS 600ロング 後席ヘッドルーム:951mm 後席ニールーム:166mm

「メルセデス・ベンツS 600ロング」でも充分過ぎるほど後席は広いのだが、「メルセデス・マイバッハS 650」はヘッドルームが12mm、ニールームに至っては159mmも広く、もはや前席にいるドライバーが遥か遠くに感じられるほどだ。

 なお両車とも、43.5度までリクライニング可能なバックレストに加えレッグレストとフットレストを装着する「エグゼクティブシート」を標準装備。さらに、左右独立シートや格納式テーブルなどで後席をより安楽にする4人乗り仕様の「ファーストクラスパッケージ」をオプション設定している。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る