AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/11
  • AUTOSPORT web

日本人12年ぶりの快挙! MotoGP開幕戦カタールGPのMoto3クラスで鳥羽海渡が初優勝!

 MotoGP第1戦カタールGP Moto3クラスの決勝がカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、鳥羽海渡(Honda Team Asia)がMoto3クラスとしては日本人初となる優勝を飾った。

 3番手フロントローからスタートした鳥羽は序盤にポジションを落としたものの、6周目にはトップ争いに加わり、ニッコロ・アントネッリ(SIC58 Squadra Corse)やロレンツォ・ダラ・ポルタ(Leopard Racing)やアロン・カネト(Sterilgarda Max Racing Team)などと何度も激しくポジションを奪い合った。さらに中盤にはこのトップ争いに、後方から追い上げてきたロマーノ・フェナティ(Snipers Team)が加わる。

 鳥羽が先頭を走ったかと思えば次のコーナーにはトップが入れ替わる激しい優勝争い。鳥羽はこの激戦のなかで、3番手以内をキープする。そんななか、優勝争いを展開していたフェナティが、15周目でロングラップペナルティを受け、ポジションを大幅に落とす。フェナティはこのペナルティにより優勝争いから脱落した。

 苛烈な戦いは最終ラップにまで持ち越された。ラストラップ、コントロールラインをトップで通過したのはダラ・ポルタ、しかし1コーナー飛び込みで鳥羽がトップを奪う。ダラ・ポルタは5コーナーで鳥羽に仕掛けるが、鳥羽はこれを堅守。トップを譲らない。しかしダラ・ポルタは続くコーナーで鳥羽のインに飛び込むと、トップに浮上する。

 最終コーナー飛び込みではダラ・ポルタがトップ、鳥羽は2番手。しかし鳥羽はダラ・ポルタの背後にぴたりとつけていた。鳥羽はダラ・ポルタの背後でコーナーを立ち上がると、ダラ・ポルタのスリップストリームを利用して一気に加速。ダラ・ポルタを抜き去りコントロールラインをトップで通過し、見事、優勝を飾った。

 最軽量クラスで日本人ライダーが優勝を飾るのは2007年カタルーニャGPの小山知良以来、Moto3クラスになってからは初の快挙となった。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る