AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/11
  • AnimeandManga編集部

【目玉は電動べスパ⁉️】 ピアッジオグループジャパンが東京モーターサイクルショーに出展

電動ベスパ「Vespa Elettrica」などの日本初披露を含む11台を展示

ピアッジオグループジャパン(本社:東京都港区芝二丁目は、3月22日(金)~24日(日)まで、東京ビックサイトにて開催される「第 46 回東京モーターサイクルショーに出展し、「アプリリア」、「モト・グッツィ」、「ベスパ」の3つの個性豊かなイタリアンブランドから、合計11台のモデルを展示致する。
Vespa Elettrica(参考出品車)

ピアッジオグループジャパン ブースイメージ


 イタリアのアイコンであるベスパは、2019年よりヨーロッパ市場にて販売を開始する電動スクーター「Vespa Elettrica(エレットリカ)」を参考出品し、日本初公開する。その他新色であるイエローのSprint 150や、マットブラックのボディが印象的なGTS300 Notteなどを展示。

 モト・グッツィは、2019年2月より生産を開始したばかりのニューモデル「V85TT」を日本初公開、更にはこの春よりデリバリーが開始されるV9 Bobber Sport、そしてV7III Stoneをカスタマイズした特別モデルを展示。

 アプリリアは、1100ccへと排気量を拡大し、217HPとなった新型エンジン搭載のスーパースポーツ「RSV4 1100Factory」と、そのスーパーネイキッドモデルに電子制御サスペンションを新たに搭載した「Tuono V4 1100Factory」 の2019年モデルを日本初公開するほか、本格125ccオフロード「RX125」とそのモタードバージョンである「SX125」を展示予定だ。

 また、これら3ブランドの純正アパレル商品の一部を展示・販売するポップアップストアをブース内に設け、来場者を迎える。

■ベスパ出展モデル

左/GTS 300 Notte、中央/Primavera 150 S、右/Sprint 150

 イタリア語で「スズメメバチ」を意味するベスパは、1946年に航空機製造のテクノロジーを応用して誕生した。
 美しくファッショブルで機能的なスチールモノコックボディや片持ちサスペンションなど、独自の構造や世界観は、70年以上の時を経ても世界中で愛され続けている。今回の東京モーターサイクルショーでは、ベスパ初の電気モーター駆動による新世代モデル「Vespa Elettrica」を日本初公開。
 このモデルは現在、ヨーロッパ市場において受注を開始しており、この度の展示モデルはそのヨーロッパ仕様の参考出品車となる。
 GTS シリーズからは、ダークマット仕上げが印象的な「GTS Super 300 Notte」を、スモールボディシリーズからはこの春に発売予定の「Primavera 150 S」と、新色イエローの「Sprint 150」、計4台を展示する。

■モト・グッツィ出展モデル

V85TT(日本初公開)
V9 Bobber Sport

V7IIIStone

 モト・グッツィは1921年創業のイタリアで最も歴史のあるモーターサイクルブランドで、独創的な縦置きV型2気筒エンジンを搭載したプレミアムモーターサイクルだ。
 今回の東京モーターサイクルショーでは、新しいデザインコンセプト「クラシックトラベルエンデューロ」の基に開発された「V85TT」を日本初公開する。さらに2019年2月に発売したばかりのボバーカスタム「V9 Bobber Sport」と、純正アクセサリーパーツを装着し、独自の世界観を演出した2019年モデルの「V7IIIStone」の計3台を展示する。

■アプリリア出展モデル

 アプリリアは世界GPをはじめ、様々な世界選手権での勝利と世界タイトル獲得という輝かしいレースシーンでの戦歴を誇り、それらのレースで培った高い技術力と信頼性そして革新性は、市販のモーターサイクルに活かされている。

 今回の東京モーターサイクルショーでは、1100へと排気量の拡大し、ウィングレットを装着したフラッグシップモデル「RSV4 1100 Factory」と、そのネイキッドモデルとなる「Tuono V4 1100 Factory」は電子制御サスペンションを新採用して日本初公開する。また、2018年に導入を開始した本格オフロードモデル「RX125」と、導入間もないモタードバージョンである「SX125」を展示する。

RSV4 1100 Factory(日本初公開)
Tuono V4 1100 Factory(日本初公開)

RX 125
SX 125

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る