AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/03/10
  • ニューモデル速報

スズキ・クロスビーのメカニズムを徹底解説!

専用仕立てのメカニズム

「みんなで、もっと遠くまで、遊びに行きたい」というコンセプトを具現化するために、乗員5人がしっかり乗れて、しかも気持ち良く走るために、スズキが持つ技術のすべてが注ぎ込まれたクロスビー。軽量・高剛性なボディに専用チューニングされたシャシー、1.0ℓ直噴ターボ+マイルドハイブリッドなど、コンセプト通りの走りを叶えたメカニズムの数々を詳細に解説する。

試乗中に若者に取り囲まれた! スズキ・クロスビー【インプレッション】

似て非なるハスラーとクロスビー

クロスビー
ハスラー

大人気の軽SUVハスラーのデザインテイストを取り入れているので、ぱっと見では瓜 ふたつ。しかし排気量を拡大しただけの「大きなハスラー」ではない。各部を専用チューニングされたシャシーとターボエンジン+6速AT、4WD車はグリップントロールやヒルディセントコントなど、本格的な走りも期待できる。

共通プラットフォームの三兄弟

イグニス
ソリオ

プラットフォームを共有する「イグニス」や、両側スライドドアのハイトワゴン「ソリオ」と合わせ、コンパクトクラスでニーズに対応する3モデルをラインナップ。それぞれに個性が光る魅力的なクルマに仕上がっている。

プロローグ&パッケージング

SUVらしいデザインで取り回しの良いコンパクトボディでありながら、大人5人がしっかり乗れる居住性と積載性を実現。さらにゆとりのある車高で、荒れた路面でも安心して走破できるロードクリアランスも確保している。ワゴンの実用性とSUVの走破性を兼ね備えたクロスオーバー SUVらしいパッケージングだ。
※( )内の数値はイグニス リヤシートスライド仕様車との差 。

良好な視界で安全性を確保する


Aピラー間の見開き角が広く、ドアミラーとAピラーの間に死角がないので視界とても良好。さらに、目視できない助手席側前輪付近を確認できるサイドアンダーミラーも備え、安全性が高められている。

3ウェイ調整で最適なポジションを獲得

ステアリング調整はチルトのみだが、前後方向にも移動するシートリフターにより、小柄なドライバーでも最適なポジションに調整できる。アップライト気味な着座姿勢もあり、女性ドライバーでも安心して運転できるだろう。

HEARTECT(ハーテクト)の採用でボディ剛性と軽量化を両立

走りの根幹を支えるプラットフォームには、骨格や主要部品を全面的に刷新し、高剛性と軽量化を両立するハーテクトを採用。路面を選ばないSUVとしての走行性能を獲得している。

軽量衝撃吸収ボディTECT(テクト)で事故の被害を軽減

ボディに高強度かつ軽量な素材を採用することで、軽く強いボディでありながら衝突時には衝撃エネルギーを柔らかく吸収、分散させる安全ボディとなっている。外板については7つの衝撃吸収構造で、高水準の歩行者性能を持つ。

高張力鋼板の採用で軽量化を実現

軽量で強度の高い高張力鋼板及び超高張力鋼板を適所に採用。また、ボディ全体における使用率を47%と半分近くまでに高めたことで、性を確保しながら剛軽量化を実現している。

車体形状の最適化と構造用接着剤で剛性を向上

車体構造の工夫により、高い剛性を確保した。特に大きな開口部を持つバックドア周辺からBピラーあたりのリヤセクションについては、隔壁の追加やスポット溶接のきない部分の構造用接着剤の塗布によって剛性を高めている。

構造と結合法の合理化で剛性を確保しつつ軽量化


強度的に不利となる屈曲した骨格を改め、滑らかにつなぐことでシンプルで合理的な形状となっている。また、サスペンション部品を骨格部品の一 部として使用したり、固定方を工夫して補強部品を削減。これらにより、軽量化しつつボディ剛性を確保している。

高い走行安定性と快適な乗り心地を両立したサスペンション

フロントサスペンション:マクファーソンストラット式
リヤサスペンション:トーションビーム式/FF車(4WD車はI.T.L.式)

新プラットフォームHEARTECTに合わせたサスペンションを採用し、高剛性と軽量化を両立。 大径タイヤを採用し十分な最低地上高を確保しながら、専用のチューニングを施すことで乗り心地を損なうことなく、優れた操縦安定性を実現した。

クロスビー専用チューニングのステアリング

操作量に対してタイヤの切れ角が変化する、可変ギヤレシオのステアリングを採用。切り始めの応答性を高め、レスポンスの良いハンドリングを実現。また、電動パワーステアリングは街中で軽快に、高速域ではどっしりとした特性に専用チューニングされている。

車体吸遮音材の最適化で騒音を低減


小型車に求められる上質で快適な空間を実現するために、上記のような遮音材による騒音低減の他にも、CAE解析を駆使した振動抑制を実施。ルーフやフロア、ステアリングサポートなどの振動抑制による、こもり音の低減を実現している。


スズキ・クロスビー試乗|デザイン良し、走り良し、居住性良し。だが、

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る