AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/26
  • AnimeandManga編集部

ライバル車比較|トヨタアルファードと日産エルグランド、内装の評価。使い勝手は? 容量は? 後席は?

トヨタアルファードvs日産エルグランド トランク比較

トヨタ・アルファードSC
Lサイズミニバンの王者といえば、トヨタ・アルファード/ヴェルファイアである。エクステリアのテイストを変えたこの2台が、Lサイズ豪華ミニバンの頂点であることに異論はないだろう。これの牙城に挑むのが日産エルグランドだ。今回は、この2モデルを比較してみよう。
日産エルグランド 350 ハイウェイスタープレミアム

 トヨタ・アルファードの現行モデルは2015年にフルモデルチェンジを受けた3代目。2017年にはマイナーチェンジを受けてデザインを刷新するとともにToyota Safety Senceを標準装備している。エンジンは、3.5ℓV6DOHCを頂点に、2.5ℓ直4DOHC、そしてトヨタ得意の2.5ℓ+THS2のハイブリッドパワートレーンも設定する。

 一方の日産エルグランドは、現行型が3代目となる。このモデルからDプラットフォームになり、駆動方式がFF&FFベースの4WDになった。デビューは2010年だから、モデルとして熟成されているのは言うまでもない。パワートレーンは、日産が誇るVQ型3.5ℓV6DOHC、または2.5ℓ直4DOHC(QR25型)にCVTを組み合わせる。

 ともに、全長はほぼ4950mm、全幅1850mm、全高1900mm前後と、まさにLサイズ。内装も豪華で、ある意味、現代版走る応接間である。
 

アルファードSC 全長×全幅×全高:4950×1850×1935mm ホイールベース:3000mm ミラーtoミラー:2230mm

全長はエアログレードで4950mmとなり、日本の道路環境に鑑みればフルサイズとも言える巨体を誇る。その大きさを室内の広さに反映するスペース効率の高さもクラストップレベルだ。

アルファードSC
全長×全幅×全高:4950×1850×1935mm
ホイールベース:3000mm
車重:2090kg
エンジン:V型6気筒DOHC
排気量:3456cc
最高出力:221kW(301ps)/6600rpm
最大トルク:361Nm(36.8kgm)/4600-4700rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:FF
最小回転半径:5.8
JC08モード燃費:10.8km/ℓ
車両本体価格:494万7480円

エルグランド 350 ハイウェイスタープレミアム 全長×全幅×全高:4945×1850×1815mm ホイールベース:3000mm ミラーtoミラー:2180mm

全長は最も長いグレードで4975mmと、こちらも負けず劣らずの巨体を誇る。アルファードと大きく違うのは全高で、一部を除き1815mmと低く、よりスポーティなスタイリングを生んでいる。

エルグランド 350 ハイウェイスタープレミアム
全長×全幅×全高:4945×1850×1815mm
ホイールベース:3000mm
車重:2090kg
エンジン:V型6気筒DOHC
排気量:3498cc
最高出力:206kW(280ps)/6400rpm
最大トルク:344Nm(35.1kgm)/4400rpm
トランスミッション:CVT
駆動方式:FF
最小回転半径:5.7
JC08モード燃費:9.4km/ℓ
車両本体価格:533万7360円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

アルファードSC 室内長×室内幅×室内高:3210×1590×1400mm

ミニバンの王者を語るにふさわしい、堂々たるデザインのダッシュボード。木目調パネルとメーター加飾が変更され、ひと味違った上質感が加えられた。ナノイー機能付き前席左右・前後独立フルオートエアコンは「X」以外の全車に標準装備。
2列目シート高:760mm

1列目シート高:760〜820mm 2列目シートの仕様により、7人乗り3種類、8人乗り1種類を設定。写真のエグゼクティブパワーシートにはパワーオットマンなどの豪華装備が備わる。3列目にも快適な広さと座り心地のいいシートが与えられ、多人数乗車が前提となるミニバンとしての実用性は極めて高い。

エルグランド 350 ハイウェイスタープレミアム 室内長×室内幅×室内高:3025×1580×1285mm

高級感のある木目調パネルや5インチカラーディスプレイ付きファインビジョンメーターなどを備え、ラグジュアリーで先進的な雰囲気づくりを徹底。プラズマクラスター搭載のインテリジェントオートエアコンも全車に標準装備する。
2列目シート高:800mm

1列目シート高:720〜750mm 2列目シートは写真のコンファタブルキャプテンシートと6対4分割ベンチシートの2種類。前者は快適な姿勢を実現するシートバック中折れ機能やオットマンが装備される。3列目にもスライドとリクライニングが備わって快適だが、頭上スペースはアルファードよりも狭い。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電動チルトテレスコピックステアリング
スイッチを押すだけで、モーターによってステアリングコラムを上下(チルト)および...
FIA
国際自動車連盟。JAFやADACなど各国の自動車協会が加盟する国際連盟で、いわば自動...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
http://misterroof.net

купить бутсы найк киев

viagra-online-apotheke.com