AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/25
  • AnimeandManga編集部

レクサスESとメルセデス・ベンツEクラス。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

レクサスESvsメルセデス・ベンツEクラス トランク比較

レクサスES300h ”versionL”
全長4.9m〜5.0mと言えば、オーナーカーとして使えるサイズとして、大型と言っていい。ボディサイズによる押し出し感、余裕感、スタイリングや装備も上級で、各自動車メーカーの威信がかかるクラスとも言える。そこに、トヨタ/レクサスが満を持して投入したのが、レクサスESである。定番にしてベンチマークとして高い人気と性能を誇るメルセデス・ベンツEクラスと比べてみよう。
メルセデス・ベンツE200 4MATIC AVANTGARDE

 レクサスESは、TNGAのエンジン横置きのラージクラスプラットフォームである、GA-Kプラットフォームを採用する大型サルーンだ。元々北米ではレクサスの人気モデル。それが新型に切り替わったタイミングで日本にも投入されることになった。国内仕様のパワートレーンは、2.5ℓ直4エンジン+THS2のハイブリッドで一本化。レクサスLSと見紛うばかりのスタイリングとFFならでは広い室内がチャームポイントとなる。

 対するメルセデス・ベンツEクラスは、いわずと知れたこのクラスのベンチマーク。エンジン縦置きのFRをベースとする4MATICが今回のESの対抗馬だ。2.0ℓ直4ガソリンターボ+9ATのパワートレーンを積むE200 4MATIC AVANGARDEである。

レクサスES300h ”versionL” 全長×全幅×全高:4975×1865×1445mm ホイールベース:2870mm ミラーtoミラー:2030mm

全長が長く、全高が低いところが特徴で、低重心を感じさせる伸びやかなシルエットが魅力だ。通常のドアミラーの場合、ミラーtoミラーは2110mmとなる。

レクサスES300h ”versionL”
全長×全幅×全高:4975×1865×1445mm
ホイールベース:2870mm
車重:1730kg
エンジン:直列4気筒DOHC
排気量:2487cc
最高出力:131kW(178ps)/5700rpm
最大トルク:221Nm(22.5kgm)/3600-5200rpm
トランスミッション:電気式無段変速機
駆動方式:FF
最小回転半径:5.9
JC08モード燃費:23.4km/ℓ
車両本体価格:698万円

メルセデス・ベンツE200 4MATIC AVANTGARDE 全長×全幅×全高:4930×1850×1460mm ホイールベース:2940mm ミラーtoミラー:2070mm

意外にも全長は短く、全幅も機械式立体駐車場の上限ギリギリとなる1850mmをキープ。最小回転半径もAMGを除き5.4〜5.5mと小回りが利く。

メルセデス・ベンツE200 4MATIC AVANTGARDE
全長×全幅×全高:4930×1850×1460mm
ホイールベース:2940mm
車重:1730kg
エンジン:直列4気筒DOHCターボ
排気量:1991cc
最高出力:135kW(184ps)/5500rpm
最大トルク:300Nm(30.6kgm)/1200-4000rpm
トランスミッション:9速AT
駆動方式:4WD
最小回転半径:5.5
JC08モード燃費:13.4km/ℓ
車両本体価格:724万円

ラゲッジスペース比較の前に、インパネと前席・後席も比べてみよう。

レクサスES300h ”versionL” 室内長×室内幅×室内高:2170×1535×1145mm

大型のセンターディスプレイやメーターを視認性の高い位置に配置し、手元で簡単に操作できる人間中心のインターフェースを実現。オプションのデジタルアウターミラーは慣れが必要だが、死角が減り、安全性が高まる。
後席の膝前スペースは約290mmと、かなりのゆとりを確保している。
前席シート高:540〜590mm 「version L」には、セミアニリン本革シートを採用。前席ベンチレーションと前後シートヒーター、後席電動リクライニングも標準装備され、快適性を向上。

メルセデス・ベンツE200 4MATIC AVANTGARDE

優雅な曲線を描くインパネに最新のインターフェースを融合。全車標準装備のレーダーセーフティパッケージには、車線変更を自動で行う機能も備わり、先進的なユーティリティと安全性では他に先んじている。
後席の膝前スペースは約200mmと十分広いが、レクサスESと比べるとシート座面が若干低い。
前席シート高:530〜600mm 本革シートが標準装備で、撮影車はオプションのエクスクルーシブパッケージに含まれる後席シートヒーターも備える。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る