AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/18
  • AnimeandManga編集部

先代比40%増! 超巨大なキドニーグリルの新型BMW7シリーズが登場

6代目7シリーズが4年目のマイナーチェンジ

BMWのフラグシップサルーン、7シリーズの6代目が登場から4年でマイナーチェンジを受けた。50mmフロントが伸びたことでさらに伸びやかなデザインを手に入れた7シリーズのまずはデザインをチェックする。

 BMW7シリーズがマイナーチェンジして、デザインが大きく変わった。まずはフロントからチェックすると、40%も大型化されたキドニーグリルが目立つ。バンパーも随所にクロームが採用され、空力も考えたシャープな形状になり、他にもスリムなLEDヘッドランプが採用された。

 横から見ると50mm延長されたノーズが伸びやかなラインを描いていることがわかる。サイドパネルは前後ホイールハウスをつなぐ空力処理が施された。厚みを増したサイドウインドウやリアホイールハウスのインシュレーターが強化され、静粛性を増した。

 リアに目を転じると最近流行の3DタイプのLEDテールランプや、左右をつなぐデイタイム・ランニング・ライトが備わるのがわかる。

 インテリアはステアリングの運転支援システム関連スイッチ類が新たにデザインされた。他にも3シリーズなどにも採用されているBMWライブコクピットプロフェッショナルが採用され、カップホルダーの前にはワイヤレスチャージャーが装備される。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る