AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/09
  • AnimeandManga編集部

スズキ・ジムニーはドイツでも「働くクルマ」として大活躍!

冬季はスノープラウを装着して「雪かき」仕様に変身!

スズキ・ジムニーの実用性の高さについてはドイツでも評価が高く、雪の多い地域では日本と同様フロントにスノープラウを装着して除雪車として大活躍しているようです。こうした写真を見ると、なにか嬉しくなってしまいますね。今後、新型ジムニーもこうして世界中での大活躍が見られることでしょう。

日本と同様にドイツでも納車待ちの状態が続く大人気の新ジムニー。 

こちらドイツでは日本のジムニーシエラが『ジムニー』として販売されているのですが、BMWのおひざ元のミュンヘン市内では、残念ながらまだ新型を見掛ける事はありません。

こちらミュンヘンでは乗用車としてというよりは、都市部での『はたらくクルマ』として活躍している様子を見掛けます。ミュンヘン市は札幌と同緯度に位置しますので、冬には結構な量の雪が積もる事があります。市内には一軒家は少なく、大半の住宅がアパートメントで、共有部分や建物敷地内やその前の道路の雪かきや庭掃除等はハウスマイスターと呼ばれる管理人さんがしてくださいます。

近所のハウスマイスターのお仕事用のジムニーには、フロント部分にスノーショベルが取り付けられており、除雪車の役割も担っています。小回りの利くジムニー(シエラ)は小さいながらしっかりとトルクがあるからこそ、ハウスマイスターのお仕事には欠かせない頼もしい存在なのかも知れませんね。

文・写真:池ノ内みどり

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る