AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/09
  • レブスピード編集部 加茂 新

すごいぞ、スズキ・スイフトスポーツ!!番外編(第11回) 空力でなにが変わる!?

F1からスーパーGTから、チューニングカーのワールドタイムアタックからアンダー鈴木まで、昔も今もモータースポーツで速く走るために進化してきているのが空力だ。エアロが生み出すダウンフォースがタイムに影響すると言っても、庶民にはなんのことだか。。。しかし、ガムテープひとつで体感できる方法があるのだ

レブ号も急遽ガムテープで空力チューンを施した

 クルマは速度が上がると空気抵抗で浮こうとしている。なんとかギーニとか、なんとらラーリとかは除いて、普通のクルマもちょっとしたスポーツカーも路面に掛かっている車重は、速度を上げることに減る。空気の抵抗で浮こうとしているのだ。ダウンフォースの逆なのでアップフォースが発生している。

 そうなると高い速度で安定感が減り、ステアリングを切ったときの反応も悪くなる。

 タイヤのグリップは、ゴムと路面の摩擦力☓タイヤに掛かる垂直荷重だ。
つまりどんなに良いタイヤに良いサスペンションがあっても、空気抵抗でクルマが浮き出したらグリップは落ちていってしまうのだ。

TMスクエアのオリジナルエアロはもともとカナード形状に整形してあるので、車検も安心して使用することができる。元レーシングドライバー田中ミノル氏が性能最優先に設計したその形状は空力的に参考になる部分も多い

 そこで生まれたのがGTウイングとかリップと言われるエアロパーツ。一番単純なものだと進行方向に対して斜めの板を配置すれば、その板に走行風があたり、ダウンフォースが生まれる。タイヤが路面に押し付けられる。しかし、ものすごい空気抵抗にもなり、最高速も落ちれば加速も鈍る。燃費も劇的に悪化する。

 そこでもうひとつのダウンフォースが路面に吸い付くタイプのそれ。
 レーシングカーは車高を低くする。これは重心を下げたいのもあるが、路面とボディの間が減ると、そこの隙間の気圧が下がって路面に吸い付けられるようになってくる。
 机に置いた下敷きを剥がすのが大変なのと同じアレである。

 で、その路面に吸い付こうとする力を妨げているのがタイヤが生み出す乱気流なのだ。タイヤがぐるぐると回ることで周囲の空気をかき混ぜてしまい、フロア下にも空気を送り込んで、フロア下のダウンフォースを低下させてしまっているのだ。

 そこで生まれたのがカナードだという。バンパーの隅に付けることでフロントバンパーに当たった走行風を横方向に逃がす。すると、フロントフェンダー周辺の気圧が下がり、タイヤハウス内の空気を吸い出すことで、全体のダウンフォースが増すという。あのちっちゃい羽が路面にボディを押し付けてるわけじゃないのです。

 空気抵抗は増えずにダウンフォースが増えるカナード形状はまさに夢を実現してくれるスーパーパーツ。しかし、突起物とみなされて車検に引っかかる可能性もあったりする。では、どうしたらいいのか。

フェンダー内から空気を抜くような形状もダウンフォース増大に効果的だという

それは、バンパーのサイドをツルンとさせること

バンパーサイドのフォグランプなどの造形によって乱流が起きてしまうので、この部分をツルンとさせるだけでもダウンフォースが増えるというのだ。

信じられないようだが本当の話で、最近の新型車にはこの部分に造形がないクルマも増えているのだという。


 というわけで、「レブスピード鈴鹿サーキットランミーティング」で実験してみた。
テストしたのはレブスピード連載号(ドライバーはワタクシ加茂)と、クライススズキスイフトスポーツ(西畑店長)。
簡易的だがフォグランプ部分にガムテープを貼ってフラット化することでダウンフォースの増大を狙った。

32スイフトのときは、プラスティック製のカバーを切っておいてもらい、ガムテープで張って、サーキットを走るときだけ少しでも空力的な効果を頂こうと試行錯誤した

 その結果は、、、、、、今回はよくわからなかった……。

しかーし、効いていないというわけではない。
今回は朝イチの走行がスペシャルに寒かったことで吸気温度が下がり、ターボエンジンはいつにも増して強烈に加速。その後のダウンフォースでハンドリングがアップしてタイムアップした分を超えるパワーを絞り出してしまったようだ。


しかーし、しかし、じつはZC32S時代にもレブ号で実験したことがあるのだ。そのときは同じ枠内でテープの有無を試したが、スーパーGT300クラス最多勝ドライバーの高木真一先生を持ってして
「これは変わる!!」と断言した。

テープを剥がすとS字から逆バンクに掛けての中速コーナーでステアリングを切ってから曲がるまでのレスポンスが落ちるのだ。それによってコーナリング速度も落ちてしまう。これは高木先生も加茂も同じように体感した。また、不思議なことにスーパー高速コーナーの130Rではなぜかあまり効果がなかった。ハイスピード過ぎると体感できるほど効果がないのかもしれない。
そして高木先生の腕を持ってしてテープを剥がしたところ、0.7秒もタイムダウンをしたのだ。

わずか数百円で体感できる空力効果。是非やってみてください。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る