AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/06
  • レブスピード編集部

ND5RCマツダ・ロードスターに16インチで2つの提案

GTRデザインもstandardデサインも映えるADVAN Racing RZⅡ

16×7.0J inset 41GTR designのRZⅡと205/50R16のADVAN A052の組み合わせ
鋳造スポーツホイールの人気モデルADVAN Racing RZⅡは15/16インチの小径サイズでもコンケイブが深いGTR designがラインアップされている。ここでは、ND5RCロードスターでのGTR designとstandard designのルックスを見比べる。

こちらは16×6.5J inset 45(パーティレース規定サイズ)standard designのRZⅡと195/50R16(純正サイズ)のADVAN Sport V105

 ADVAN Racing RZⅡの15/16インチサイズに、GTR design(センターに向かってスポークの落ち込みが深いコンケイブフェイス)が追加されたのは2018年の夏。15/16インチでのGTR design設定はRG-D2に次ぐ第2弾だが、RG-D2では7.0Jからだったのが、RZⅡでは15インチが6.5J inset 42、16インチも6.5J inset 35からとなっている。いずれもPCD100の4ホールだ。

 REVSPEED編集部のND5RCロードスターは2セットのRZⅡを用途に応じて履き替えている。ひとつは16×7.0J inset 41のGTR design(タイヤは205/50R16のADVAN A052)で、もうひとつが16×6.5J inset 45のstandard design(タイヤは195/50R16のADVAN Sport V105)だ。いずれもカラーは『レーシングブロンズ』。
見比べると、GTR designはその奥行きが小径の淡白さを感じさせない。グラマラスに足元を飾り立ててくれる。一方、standard designは平面的といわざるを得ないが、それでも最大限に立体感が出るようにデザインされており、それはそれで潔いかっこよさがある。
■YFC TEL03-3431-9981 http://www.yokohamawheel.jp/

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る