AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/05
  • AnimeandManga編集部

2018年の販売台数から見る19年のミニバンの人気トレンド〈アルファード&ヴェルファイア、セレナ、そしてヴォクシー&ノア&エスクァイア〉

スタイリングとハイブリッドがキーポイント!?

ミニバンで最も売れているのがヴォクシー、ノア、エスクァイア。2018年6月から11月の、月平均登録台数はなんと1万5280台。
大人数で乗れることやユーティリティの高さが人気のミニバン。アルファードなどのLLサイズや、ステップワゴンなどのMサイズなど、人も荷物もたくさん積めて快適に移動できるカテゴリーで、各メーカーがしのぎを削る激戦区でもある。ではそんなミニバンの人気トレンドを探ってみよう。

ヴォクシー、ノア、エスクァイアに3種類の特別仕様車を設定

2017年のマイナーチェンジ前まではアルファードより人気のあったヴェルファイア(写真はマイナーチェンジ後)

 まずはLLサイズ。アルファード(トヨタ)、ヴェルファイア(トヨタ)、エルグランド(日産)がラインナップされる。ここでの人気はアルファードとヴェルファイア(以下アル・ヴェル)が圧倒的で、2018年6月から11月までの平均月間登録台数はエルグランドが549台なのに対して、アル・ヴェルの合計は8680台と10倍以上もの大差となっている。

押し出しの強いアグレッシブなスタイルが人気となっているアルファード。

 ただし、アル・ヴェルでも人気は大きく変化している。かつてはヴェルファイアのほうが人気が高かったのだが、2017年12月のマイナーチェンジ以降、アルファードが優位に逆転したのだ。これはアルファードの外観が押し出しの強いアグレッシブなスタイルになったことが影響していると言っても過言ではなく、やはりクルマ選びは外観がとても重要だということを実感させられる。

ハイブリッドモデルが人気を博しているセレナe-POWER。

 次にMクラスを見てみよう。ハイブリッド車のe-POWERの登場で人気が上昇したセレナが月平均7850台と、ヴォクシーを抜き去ってトップとなっている。これはステップワゴン全体の4276台のほぼ2倍。Mクラス2番手のヴォクシー(7312台)を僅差で上回る。セレナの人気は、やはりハイブリッド車の追加が大きなターニングポイントとなっている。

ノア
エスクァイア

 また、ヴォクシー、ノア、エスクァイアの兄弟車の合計で見ると、月平均1万5280台と、トヨタ系Mサイズの人気の強さを垣間見ることもできる。このように見てみると、外観のリニューアルやパワートレーンの変更や追加で人気車が変わることは珍しくない。今後もニューモデルの登場には注目しておきたいところだ。


トヨタ・ヴォクシーに「煌(きらめき)」復活! ノアには「W×B(ダブルバイビー)」を初設定

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る