AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/29
  • G-WORKS編集部

2輪用キャブレター:ミクニ&ヨシムラ 4ミニ用キャブ、VM26&TM24

低排気量カスタムのアフターパーツ”スペシャルキャブ”

向かって手前がヨシムラTM24MJN、左がミクニTM24、真ん中奥がミクニVM22、右がVM26キャブレター。これらの特徴をミクニ本社、ヨシムラに聞いた
2輪用キャブレターの基本形VM26とヨシムラTM24MJN、ベースになったミクニTM24は、チューンド4ストミニ系には無くてはならないパーツ。4ミニで排気量UP、マフラー交換と共に定番商品となっているスペシャルキャブレターを紹介

詳しくは2018年12月発売のG-ワークスバイクVol.13winterの巻頭特集にて!!

 2輪用スタンダートキャブと言えば「VM」タイプと言うほど、浸透しているミクニのキャブレター。そのスタンダートさは日本にとまらず海外の多くのメーカーが市販モデル用として採用するなど、その扱いやすさや信頼性は高いもの。発売から50年程経っているものの、その形はほぼ変わることのないもので、OEMだけで無く4ミニの「ビッグキャブレター」としても定番パーツ。
 そのVMタイプとは違いいかにも高性能な雰囲気を醸し出す「TM」タイプ。フラットバルブスロットルでアクセルレスポンス向上はもちろん、様々な利点が盛り込まれているキャブレターだが、その「TM」の中にあのヨシムラが製作しているキャブレターがある。それが「ヨシムラTM24MJN」だ!! 2018年12月に発売されたG-ワークスバイクVol.13winterではその全パーツの展開や、特徴など詳細を記載している。詳しく知りたい方はそちらをご覧下さい。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る