AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/23
  • AnimeandManga編集部 小泉 建治

クルマ好きたちよ、今こそバイクに乗るべし〈スズキSV650X試乗記〉

SUZUKI SV650X Impression from Editor's room

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
至宝のVツインエンジンをカフェレーサー風の車体に搭載したSUZUKI SV650Xのデビューは2018年初頭。すでに当サイトを含む二輪専門媒体に数々のインプレッションが掲載されており、オーナーとなっている読者の方も少なくないだろう。そこで今回は、四輪メディアの視点からという一風変わったレポートをお送りしたい。このバイク、乗れば乗るほど「クルマ好き」にこそオススメしたくなるバイクなのだ。

TEXT●小泉建治(KOIZUMI Kenji)
PHOTO●山田俊輔(YAMADA “Anita”Shunsuke)

惚れ惚れするカフェレーサースタイル

 発売から一年近くが経ったSV650Xだが、遅ればせながら筆者が乗るのは初めてである。今どき貴重な国産Vツインのミドルスポーツに以前から興味を持っていたのだが、いかんせん自分は四輪媒体の人間であるため、そうそう頻繁に二輪に試乗できるわけではない。今回はいろいろな要件が合わさって、ようやく念願叶ったというわけである。

 まずはSV650Xの成り立ちを簡単におさらいしよう。ベースは645ccの90度Vツインを搭載するミドルネイキッドのSV650で、セパレートハンドル化やロケットカウル風バイザーの装着などによってカフェレーサー風に仕立てられている。エンジンスペックや足まわりにはとくに変更はない。

 フレームをはじめとした車体構成もSV650と変わっていないが、実際に目の当たりにすると、セパハンのおかげで前かがみのアグレッシブな姿勢に見え、ずいぶんと印象が違う。

 跨がってみての第一印象は、意外と前傾姿勢になるということだ。セパハンとはいえマウント位置はそれほど低くはなく、もう少し起きた姿勢になるかと想像していたのだが、タンクとの干渉を避けるためかトップブリッジの直下から前方に伸ばしたステーを介しているので、最近のバイクにしてはハンドルが遠い。スタンダードのSV650はやけにコンパクトなライディングポジションだと感じていたのだが、とくに大柄な男性であればSV650Xのほうが窮屈さがなく好ましいと感じるだろう。

 シート高は790mmと低く、身長174cmの筆者だと両足がベッタリと着く。初心者やリターンライダーでも不安は最小限に抑えられるだろう。

ライダーの身長は174cm、体重は75kg。シート高が790mmと低い上に前方にいくに従って左右が絞り込まれているために足つきは良好。ご覧のように両足がベッタリと着き、膝がわずかに曲がる。SV650「X」のキャラクターを考えると、もう少しシートは高くてもいいかもしれない。ハイシートが選べるようになるといいのだが。

もともとアップハンドルだったSV650をベースにクリップオンハンドルとされた。フロントフォークよりも前に突き出たステーにマウントされるため、ハンドルが遠くなっている。
Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ドライブピニオンベアリング
ドライブピニオンをデフキャリアに回転支持する2個のベアリングのことを指す。ドラ...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb
合宿免許 関東

www.rbt.com.ua