AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2019/01/06
  • AnimeandManga編集部 近田 茂

ツーリングも街乗りもコレ1台で十分(かも!)【ホンダ・CB250R 500km試乗レポート】

HONDA・CB250R  多くのニーズに適応する万能ぶりに魅力有り

125から1000までシリーズ化されているCB・R。1000Rに象徴される斬新かつマッシブなスタイリングは、時代の波を乗り越えて登場して来たホンダの自信が漲っている。CB125Rではやけに立派に見えたフォルムも、CB250Rでは程良さを直感させ、その車格感と不足ないパフォーマンスはエントリーユーザーはもちろん、重量級等多くのモデルを経験してきたベテランまで、幅広いユーザーを満足させられる。
REPORT⚫️近田 茂(CHIKATA Shigeru)
PHOTO⚫️山田俊輔(YAMADA Shunsuke)

ホンダ・CB250R・・・・・503,280円〜

 CB1000Rの登場に牽引される形で新規投入されたCB250Rは、125と共に同シリーズの入門クラスとして位置づけられ150kgに満たない車両重量や、税込みで50万円チョイの価格設定はエントリーユーザーにもってこいのモデルであると考えていた。
 しかしオーナー気分になって実際に乗り込んでみると、なかなかどうして奥深い高性能とスポーツ性に富む操縦性が楽しめ、スタンダードロードスポーツモデルとしての万能ぶりが魅力的に思えた。多くのバイクを乗り継いだ経験のあるベテランライダーでも納得のいく仕上がり。正直な話、贅沢を言わなければこれ1台で十分なのである。
 
 ごらんの通りネイキッドタイプのロードスポーツ。スマートで適度にコンパクトなフォルムは親しみやすいが、タンクやラジエターの左右をカバーするシュラウド、そして右側のマフラーデザインは、堂々としていて決してちゃちではない。全体の造形は細マッチョ的で格好の良い逞しさも感じられた。
 早速跨がると、幅広なバーハンドルや、どこか戦闘的な香りを漂わすライディングポジションからか、結構エキサイティングなモデルであることもわかる。ほんの少しだけモタード系の香りも混じるホットな雰囲気がするのである。

 カチと硬めのシートは、ツアラーとしてはクッション厚が足りないと思うものの、エッジに内腿を引っかけたりした時に、左右への体重移動による影響をバイクに与えやすい。おまけにワイドなハンドルバーは、操舵フィーリングが軽快だ。積極的にライダー側からの押さえも利きやすく、扱う楽しさを直感する。
 足周りも含めてフレームのシッカリ感は抜群。まさに自在なコントロールが楽しめた。チョイ乗りに良いかな?! という楽な気持ちで跨がっても、いざ走り出すといつの間にかスポーツバイクとしてのレベルの高さに魅了されてしまうのである。

3000~5000rpmあたりが扱いやすく、街乗りとの相性も◎

 伊豆高原まで遠出したが、帰路では仕事柄慣れ親しんだ伊豆スカイラインのワインディングロードを抜けるルートを快走。天気にも恵まれ、高原の空いた道をバイクで走る醍醐味のひとつを満喫した。
 250ccの単気筒エンジンは、クラッチをミートした直後から十分に太いトルクを発揮し、弾けるような爆発圧力と歯切れの良い吹き上がりでとても扱いやすい。デジタル表示の回転計は1万500rpmからがレッドゾーンだが右手をワイドオープンするとストレスなく1万1000rpmまで上昇する。7000rpmからはインジケーターランプが点滅を始め8000rpmにかけて点滅速度を増しシフトアップを促してくれる。

 トップ100km/hクルージング時のエンジン回転数はおよそ6500rpm。振動も少なく、さほど騒がしくない乗り味で高速を多用するツーリングでも不満なく走れる。峠道では、思いの他硬めなサスペンションだが、作動性は悪くない。フレームを始めいかにも車体の剛性が高そう。路面が綺麗であれば、なお一層操縦性の素直さが際立つ。コーナリング中のライン変更も容易に決めることができ、右へ左への切り返しも軽快な走りが楽しめた。 

  さらに感心させられたのは、3000~5000rpmあたりを多用する街中でもとても柔軟な出力特性を発揮し、扱いやすかった。ビギナーライダーでも不安なく乗れる優しさも併せ持っていた事だ。今回の試乗はゆうに500kmを超えた。ちなみにメーター表示による燃費率は、一般道を流すツーリングでは40km/Lオーバーを記録。高速でも37km/L前後。当然渋滞や峠道では30㎞/L近くまで悪化することもあったが、トータルの平均燃費では35.9km/Lだった。

足つきチェック(ライダー身長170cm)

ご覧の通り、両足の踵は僅かに浮いている。シート高はちょうど800mm。シート前方の両肩はややエッジがきいた感じで、足つき性は特に良い方ではないが、車体の扱いは軽くバイクを支えるにも不安感はまるで無い。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る