AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/17
  • AnimeandManga編集部

ドイツ・エッセンモーターショーでも大人気だった新型スズキ・ジムニー

ちょっとしたワンポイントカスタムでさらなるワイルド感を獲得!

日本では発売前から予約が殺到し、納車待ち1年などという噂がささやかれる大人気の新型スズキ・ジムニーですが、ドイツ・エッセンモーターショーでもジムニーの展示がありました。自動車大国ドイツのクルマファンの目を大いに楽しませていたようです。

ドイツでは1.5L エンジンDOHC 吸気VVTのみの発売となり、5MTと4ATの2種類(それに加えてコンフォートとコンフォート+の2種類のオプションパッケージが別料金)が発売されています。日本でのジムニー・シエラということになります。
お値段は5MT(オプションなし)で17,915ユーロ(約232万円)からとなかなか強気なお値段設定ですが、ドイツでは日本車はれっきとした『輸入車』です。関税等の関係もあり、割高なのは仕方がないのかも知れませんね。
ドイツの有名媒体の試乗記事には『小さなGクラス』と評されていました。小回りが利き、狭く険しい道にもグイグイ走れることからメルセデスのGクラスやレンジローバー、ジープ・ラングラーにも引けを取らない!とかなりの高評価でした。
ということで、Gクラス風にちょっとワイルド感を増すように外装パーツを取り付けたり雪道や山道を更に力強く走る為にもチューンナップをして自分仕様にして楽しむというアイデアは理想的かも知れませんね。

もちろんジープ・ラングラー等の大型オフロードカーがこのカテゴリーの人気は高いものの、ジムニーの機動性や実用性はドイツでも人気のよう。

速度制限解除区域が有名なドイツのアウトバーンでは、さすがに102馬力のジムニー(シエラ)の威力はなかなか発揮できませんが、雪国ドイツでは市街地の狭い道や駐車場用にプチ除雪車としてアパートの管理人さんがご利用されている姿も見掛けます。

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る