AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/13
  • 「東新宿交通取締情報局」

2018年の撤去オービスは23機! 前年比50%減の理由、とは?【交通取締情報】

バカにならない撤去費用、さらにその抑止力も捨てがたい?

2018年の撤去オービスは、全23機。昨年比-22機と約50%減となっている。果たしてここ数年続いていた、いわゆるオービス撤去の嵐は、とりあえず沈静化したのか、さっそく検証してみよう。

関連各省庁の、いろんな事情があるのだ!

 警察の固定式オービスによる速度取り締まりに関する全面的な見直しが始まったのは、数年前。速度違反の全検挙数のわずか3%までに落ち込んでしまった検挙率も、その理由だ。事実、その見直しに沿って、100機以上の固定オービスが撤去され、一時は620機を超えた設置総数も、いまや520機となっている。いまのところ、耐用年数を超えた旧型のレーダー式やループコイル式、そして製造メーカーの撤退(三菱電機)により、一時は総数の半分以上を占めたHシステムが撤去の主な対象となっているが、ここへ来て、その撤去ペースが鈍っているというのも事実だ。

 その理由として考えられるのが、まず、撤去費用。オービスというのは高速道路と国道に設置する際、その費用は国の負担となるが、実は、撤去費用は各都道府県の負担。機器代を除いた設置費用は数百万円と言われているが、たぶん、撤去にも同じくらいのコストがかかるはずだ。特に財政難にあえいでいる地方自治体にとっては、一気に予算を計上するというのは難しい話。特に設置数が70機を超える北海道や東京都、オービス銀座と呼ばれる路線を抱える愛知県や兵庫県などで、思うように撤去が進まないというのもうなずける。

 また、オービス自体の抑止力も捨てがたい。ご存じのとおり、オービスによる取り締まりエリアには本体だけではなく、事前の予告板も設置されている。例え、本体が耐用限界を超え、半ばダミー化していたとしても、そこにあるだけでドライバーに対して抑止力を発揮してくれるのだ。つまり、いずれは撤去するにしても、早急に撤去する必要さえなければ、残しておいたほうがいいという考えもある。事実、秋田県警のようにレーダーのカバーだけ残して、抑止力を発揮させているところもあるくらいだ。

 というわけで、当分、固定オービスの撤去は遅かれ早かれ進んでいくことには間違いない。もちろん、撤去一辺倒ではなく、チラホラと新規オービスも出現している以上、警察が固定オービスを見捨てたわけではなく、逆に、固定オービスと移動オービスの合わせ技で検挙率を上げるという戦略を進めているということがわかるはず。東京オリンピックの年、2020年までに「交通事故死者を2,500人以下にする」という命題に向け、警察がどんな手を打ってくるのか、見守っていきたい。

 


【未経験者可!】自動車業界の求人を見る!<機械設計/生産技術/解析>

☆2018年撤去オービスリスト

◆東日本

首都高名物、浜崎橋ランプ先のループコイル式オービスも、ある日突然、姿を消した。

・秋田県
国道7号線秋田市飯島寄進田(南行き/R)
国道7号線秋田市寺内後城(北行き/R)

・山形県
国道13号線東根市長瀞(北行き/H)

・栃木県
国道4号線矢板市木幡(下り/LH)
国道4号線矢板市片岡(上り/LH)

・群馬県
関越自動車道94.1KP(上り/H)

・茨城県
国道51号線鉾田市滝浜(北行き/H)

・東京都
首都高速都心環状線浜崎橋ランプ先(外回り/L)

・静岡県
国道1号線静岡市葵区天王町(両方向/L)
東名高速137.45KP(下り/H)
東名高速137.4KP(上り/H)

◆中日本

国道19号線土岐市のレーダーはアンテナとカメラを撤去。ポールは再利用?

・愛知県
国道19号線春日井市神屋町(両方向/L)
東名高速270.6KP(下り/L)

・岐阜県
国道19号線土岐市和泉町河合(東行き/R)
国道21号線大垣市楽田町(西行き/H)

◆西日本

国道1号線、京都府下京区のレーダー式オービスも撤去。

・京都府
国道1号線下京区五条通(東行き/R)
国道1号線下京区門前町(南行き/R)

・兵庫県
中国自動車道49.0KP(上り/R)

・福岡県
九州自動車道100.6KP(下り/H)

・熊本県
国道57号線熊本市東区上南部(東行き/H)
国道57号線熊本市東区西原(西行き/H)

・大分県
国道10号線中津市加来(東行き/H)

・宮崎県
宮崎自動車道66.7KP(下り/H)


2017年の撤去オービスはこちら!

完全撤去せずに2次利用してるおちゃめな話題はこちら!
オービスの種類解説や最新オービス情報は、こちら!

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Incorporate Massage

massage therapy for sciatica

3kovra.com.ua/kovrolin/