AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/12/06
  • ニューモデル速報

ポルシェが開発に携わったアウディ【Audi RS2を知っているか?】

Audi RS2 Impression from Editor's room

アウディがポルシェと手を組んで開発したモンスター・ワゴン「RS2」を覚えているだろうか? 直列5気筒2.2Lターボは最高出力315psにまで引き上げられ、6速MTとクワトロシステムを組み合わせ、最高速度248km/hと0-100km/h加速5.8秒を実現。いわば今日のRSモデルの祖となる記念碑的なマシンである。この貴重なヒストリックモデルに、ドイツはノイブルクで試乗することができた。

TEXT●小泉建治(KOIZUMI Kenji)

RSシリーズの歴史はここから始まった

 現在のアウディスポーツGmbHの前身であるクワトロGmbHが設立されたのは1983年。モータースポーツ活動を主たる目的とした会社であるが、転機が訪れたのは、RSの名を冠した初めてのモデル「RS2」をリリースした94年だろう。

 そんな、RSモデルの祖とも言えるRS2に、アウディスポーツGmbHの本拠地であるノイブルクで試乗する機会に恵まれた。

 RS2はA4の前身である80をベースにポルシェとの共同開発で生まれた。エンジンは直列5気筒DOHC2.2Lターボで、最高出力315psと最大トルク41.8kgmを発生する。6速MTを組み合わせ、当然ながら4輪を駆動する。

 用意されたRS2は鮮やかなブルーのボディカラーをまとい、インテリアにも擦れや褪せや綻びは一切認められず、オドメーターはわずかに1万5000kmという極上コンディションである。


アウディスポーツGmbHが手掛けるR8 & RS系モデルを完全網羅! ドイツ本国での徹底取材による盛りだくさんの内容です。アウディスポーツのすべてを知るにはこの一冊しかありません。

定価:1111円+税

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る