AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/30
  • AnimeandManga編集部

やっぱりVFRはこの色! ホンダVFR800Fに新カラーが追加【HONDA VFR800F】発売は2019年3月8日

ホンダVFR800Fに新色が追加され、伝統のトリコロールカラーが復活した。合わせてETC2.0が標準装備され、2019年3月8日に発売されるという。

伝統のトリコロールが復活

 贅沢なV4エンジンがもたらす力強いビート感と伸びやかな加速が魅力のホンダVFR800Fが年次改良を受け、新たにETC2.0が標準装備された。

 目玉はカラーリングで、従来から引き続き採用されるヴィクトリーレッド(2018年12月14日発売)に加え、新カラーとして伝統のトリコロールカラー「パールグレアホワイト」が登場するのだ(19年3月8日発売)。

 トリコロールカラーはホンダのスポーツモデル全体のイメージカラーだが、今回の新色はとくに1980年代にアメリカのレースシーンで活躍した「VFR750Fインターセプター」にインスパイアされたもので、サイドカウルに「INTERCEPTOR」ロゴを配するとともに、フレームにシルバー、ホイールにパールホワイトの塗装が施されている。

 現行VFR800Fはどちらかというと大人のツアラーというキャラクターが強いが、こうしてトリコロールカラーをまとった途端、一気にレーシングなムードが高まるから不思議だ。

VFRにはやはりトリコロールカラーが似合う。
1987年式VFR750R。日本でVFRといえば、こちらの印象が強いという人も多いだろう。

VFR800F ヴィクトリーレッド:141万9120 円
VFR800F パールグレアホワイト(トリコロール)149万4720 円

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
免許合宿 東北

www.citroen.niko.ua

https://rbt.com.ua