AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/30
  • AnimeandManga編集部

ホンダ・フリード、トヨタ・シエンタなどミニバンSSクラスはコンパクトなボディに実用十分な室内【写真で見るライバル比較シリーズ】

ホンダ・フリード/トヨタ・シエンタ

ホンダ・フリード
コンパクトなボディに実用十分な室内

小さなボディに3列シートを備えたSSクラスは、まさにコンパクトカーとミニバンのクロスオーバー。そのユーティリティはクラスを超越したレベルにある。市場ではシエンタとフリードがそれぞれの個性を主張し、激しく競い合っている。

SSクラスとは?

SSクラスは全長4300㎜未満、全幅1695㎜のサイズで3列シートを実現170㎜前後の全高と両側スライドドアで、クラスを超えた室内空間の広さと抜群のユーティリティを備える。加えてミニバンとしては小型、軽量なボディによる取り回しの良さと、優れた経済性も兼ね備えている。

①ミニバンの快適さを凝縮したコンパクト・・・ホンダ・フリード

ホンダ・フリード
視線移動が少なく、確認しやすいデジタルメーターの左側に4.2インチのインフォメーションディスプレイを配置するなど、合理的なデザインだ。ダッシュボードの印象を変えるミドルエリアの加飾パネルは写真の白木目調のほか黒木目調、ウォームガンメタを設定。


ホンダ・フリード:時代に合わせた「ちょうどいい」を提供

②個性的なスタイルと抜群の機能性を両立・・・トヨタ・シエンタ

トヨタ・シエンタ
オレンジのアクセントを入れたポップな雰囲気。ずいぶん上にあって奇抜に感じるメーターの配置は、前方からの視線移動が少ないことと、ハンドルに遮られることなくメーターを視認できることのふたつのメリットがある。 慣れると見やすさを実感できる。


トヨタ・シエンタがマイナーチェンジ 車中泊での使い勝手を重視した5人乗りを追加

ホンダ・フリードとトヨタ・シエンタ。ラゲッジスペースを比べてみる。使い勝手は? 容量は? 後席は?

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る