AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/26
  • AnimeandManga編集部

新型スープラ(A90)も、GRMNのセンチュリーも登場したトヨタGAZOO Racingフェスティバルに4万3000人が集まった

TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018 @FSW

豊田社長を乗せたGRMNセンチュリー。運転手は小林可夢偉選手!
11月25日、富士スピードウェイでオフシーズン恒例のイベントである『TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018』(TGRF2018)が開催された。快晴に恵まれ、4万3000人のファンが集結。ル・マン初優勝とWRC世界ラリー選手権のチャンピオン獲得でメモリアルイヤーとなった2018年シーズンを祝福した。
白いGRMNセンチュリーに乗って登場した豊田章男社長
ファンに感謝を伝える友山茂樹 副社長兼TGRプレジデント

 今年は、TOYOTA GAZOO Racingにとって、ル・マン24時間レースで悲願の初優勝、WRC(世界ラリー選手権)では、1999年以来となるマニュファクチャータイトルを獲得するなど、実り多き年となった。1年間各レースカテゴリーを戦ったトヨタ/レクサスを応援したファンに感謝を伝えるイベントのTGRFだ。2018年もスーパーGTや全日本スーパーフォーミュラ選手権など国内カテゴリーをはじめ、WEC世界耐久選手権、WRC、ニュルブルクリンク24時間耐久レースなどに参加したマシンやドライバー、チーム監督などが参加した。

 冬晴れとなった25日(日)は早朝から多くのファンが富士スピードウェイに集まり、9時15分から行なわれたウェルカムセレモニーから、グランドスタンドも下段まで埋まるほどの盛況をみせた。入場者数はこの時点で4万3000人! 
 そのウェルカムセレモニーでは、WECを戦うトヨタTS050ハイブリッドやWRCのトヨタ・ヤリスWRC、スーパーGTのレクサスLC500やスーパーフォーミュラのSF14などが登場したほか、2019年上半期に販売が予定されている新型スープラも登場し、ファンを驚かせた。
 また、セレモニーの最後には最終コーナー方向から白のトヨタ・センチュリーが突如登場。ドライブしていた小林可夢偉(ショーファードライバー風)が後部ドアを開けると、トヨタ自動車の豊田章男社長が登場するというサプライズもあった。
 スーツ姿の豊田社長は、レーシングドライバーのレーシングドライバーの“モリゾウ”ではなく、トヨタ自動車の社長としてイベントに初参加となった。
「おかげさまで本当に多くのひとに昨日の夕方から、そして今日も早朝から集まっていただきました。本当にありがとうございました」とファンに感謝を述べた。
 その後、イベントではヤリスWRCも参加したラリーのデモンストレーション『TGRF RALLY選手権』やル・マン24時間を制した8号車TS050の凱旋走行、サーキットサファリ、スーパーGTとスーパーフォーミュラのデモラン、ピットウォーク&グリッドウォークなどが行われ、ドライバーもレースの緊張から解き放たれた雰囲気でファンと触れあった。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
https://rbt.com.ua/remont-gostinnoj/

best soft sided cooler