AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/18
  • CAR STYLING編集部

日産、中国でも可変圧縮比エンジンVCターボ搭載の新型アルティマを発表

広州モーターショー現地レポート

新型日産アルティマ
日産と東風汽車の中国合弁である東風汽車有限は、広州モーターショーで東風日産ブランドの上級セダン、アルティマの新型をデビューさせた。この新型アルティマには可変圧縮比エンジン、VCターボを搭載するグレードもある。
TEXT & PHOTO◎CARSTYLING編集部 松永大演

 今回発表されたアルティマは、3月のニューヨークショーでデビューした北米のアルティマと同じモデル。これまで中国では「ティアナ」の名前で6代にわたって販売してきたが、グローバルモデルということで名称を「アルティマ」で揃えたわけだ。

 新型アルティマは、日産の自動運転系技術「プロパイロット」を中国向けに初搭載。また、まだ日本国内にも投入されていない可変圧縮比エンジン、VCターボ を搭載するグレードもラインアップする。

 日産と東風汽車の新しいブランドであるヴェヌーシアは、ぶらんニューモデルとして、T60を発表した。ユーティリティ重視のクロスオーバーワゴンだ。ヴェヌーシアは日産車をベースに生産してきたが2014年にオリジナルデザインのT70を発表している。

ヴェヌーシアT60の価格。8万5800元(約141万円)〜11万8800元(約195万円)と価格もかなりリーズナブルだ。

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る