AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/16
  • AnimeandManga編集部

【新旧サイズ比較】トヨタ・新型カローラセダン|広州国際モーターショーで発表されたカローラシリーズ セダン vs カローラアクシオ

ボディサイズ、ホイールベース、トランク容量など、新旧モデルの違いを写真や数値で比べてみる

新型カローラシリーズ セダン(中国名:「カローラ」および「レビン」)が、2018年11月16日、開幕を迎えた中国・広州国際モーターショーで世界初披露された。アクティブさを強調したスポーティモデル(北米・中国「レビン」、日本など)と上級感を表現したプレステージモデル(中国「カローラ」、欧州など)の2タイプが設定されており、日本では、19年中にスポーティモデルの発売を予定している。そこで、先代(11代目)モデルである12年5月に登場したカローラアクシオとの違いを見てみる。

中国で発表された新型カローラ シリーズ セダンの主なポイント

・ TNGAによる低重心でスポーティなエクステリアデザインと上質なインテリア
・ プラットフォーム刷新による走りの基本性能などの大幅な向上
・ 最新のToyota Safety Senseの設定を通じた先進安全機能の強化
・ 「コネクティッド」による「安全・安心」「快適・便利」なサービスの提供
・ ハイブリッド車を新たに90以上の国・地域に導入
※トヨタ自動車発表資料による

広州国際モーターショーで世界初公開された、カローラシリーズのセダンモデル(左が日本にも導入予定のスポーティモデル:中国名「レビン」、右がプレステージモデル:中国名「カローラ」)

 12代目となる今回のモデルは、2018年夏に発売されたハッチバックモデル「カローラスポーツ」や19年初旬に欧州などで販売予定のワゴンモデル「カローラ・ツーリングスポーツ)を含め、グローバルにてプラットフォームを統一することで、効率的な開発が進めてられているのが特徴。

 なお、今回から、欧州などで展開するハッチバックやワゴンのシリーズ名を「カローラ」に統一し、カローラブランドの強化が図られている。


※開発コンセプトは以下の通り。

【エクステリア】
「シューティング・ロバスト」
(骨格で魅せる逞しさとアクティブさを併せ持つデザイン)

【インテリア】
「センシュアス・ミニマリズム」
(シンプルでありながら感性に響くデザイン)

【カローラ シリーズ セダン】■全長×全幅×全高=4640mm×1780mm×1435mm

【カローラアクシオ 】■全長×全幅×全高=4400mm×1695mm×1460mm

※写真は2017年10月マイナーチェンジ後

【カローラ シリーズ セダン】■ホイールベース=2700mm

【カローラアクシオ】■ホイールベース=2600mm

※写真は2017年10月マイナーチェンジ後

※パリサロンで発表された「カローラ・ワゴン スポーツ」の新旧比較はこちらより

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
футзалки

www.profvest.com/