AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/15
  • 古川裕

クリーンディーゼルエンジン搭載のコンパクトSUV! フォルクスワーゲン・ティグアンとプジョー3008をサイズ比較

フォルクスワーゲン・ティグアン
コンパクトなクルマづくりを得意としてきた、フォルクスワーゲンとプジョー。人気のSUV市場においてもコンパクトなモデルであるティグアンと3008をそれぞれラインナップし、いずれもクリーンディーゼルエンジン搭載車を揃え、支持を得ている。日本の道路事情に適した控えめサイズなのは同じだが、その違いとは。

 コンサバなティグアンに対し前衛的な3008と、見た目では好みがはっきりと分かれそうな両者。しかし、大きくて豪華なモデルが溢れる輸入SUV市場において、取り回しがラクなコンパクトサイズであり、さらにクリーンディーゼルエンジン搭載車をラインナップするなど、共通点も多い。

 ティグアンが363万6000円~、3008が357万円~と価格帯も拮抗し、ともに輸入車としてはリーズナブルな部類に属する。あとは実用面を左右する、サイズや取り回し、そして荷室容量が気になるところだ。そこで、ディーゼルエンジン搭載のスポーティグレードであるティグアンTDI 4MOTION R-Lineと3008 GT Blue HDiの数値を比べてみた。

フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION R-Line 全長×全幅×全高:4500×1860×1675mm ホイールベース:2675mm

プジョー3008 GT Blue HDi 全長×全幅×全高:4450×1860×1630mm ホイールベース:2675m

 見た目でそれほど大きな違いを感じることがないように、数値上もあまり変わらない。ティグアンがやや大きいものの、ホイールベースはまったく同じとなっている。

フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION R-Line 全幅:1860mm トレッド:フロント1585/リヤ1575mm

プジョー3008 GT Blue HDi 全幅:1860mm トレッド:フロント1580/リヤ1590mm

 全幅は両者全く同じ。スポーツグレードではない標準車も両者同じで、1840mmとなる。押し出し感よりも親しみを感じやすいデザインで、SUVならではのイカつさは希薄だ。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...
ホイールアライメント
車体に対して車輪の取付け方(角度)をいう。ステアリングの操作性や走行性を高める...
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る