AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/07
  • AnimeandManga編集部

【新旧比較】トヨタ|ニューヨーク国際自動車ショーでワールドプレミアされた新型”五代目”RAV4 vs 四代目RAV4 vs 三代目RAV4

ボディサイズ、ホイールベース、トランク容量など、新旧モデルの違いを写真や数値で比べてみる

※写真は新型RAV4(米国仕様)
2018年3月30日、ニューヨーク国際自動車ショー(正式名称:2018 New York International Auto Show)でワールドプレミアとなった新型RAV4。五代目となる次期RAV4と三代目、さらに、日本では販売されなかった四代目のボディサイズなどを比較してみる。

新型RAV4の開発コンセプトは「Robust Accurate Vehicle with 4 Wheel Drive」。SUVらしい力強さと使用性へのきめ細やかな配慮を兼ね備えた4WDを目指している。

 クロスオーバーSUVの先駆けとして1994年5月にデビューしたRAV4。当時は、クロカン4WDブーム。そのなか、時代を先取りするかのように乗用車のモノコックをベースに開発され登場。国内ばかりか、世界で大ヒットモデルとなる。その後、2000年、05年にフルモデルチェンジ。

 13年、四代目となるモデルチェンジを実施した際、北米・欧州等では販売されたが、日本では未導入となった。

 先ほどのパリモーターショーでも披露された五代目は、まずは北米から販売を開始。そして、19年春頃、日本でも販売される予定となっている。

 そこで、今のところ日本で最後のモデルとなっている三代目、日本では未導入の四代目、日本復帰を果たす新型五代目のボディサイズの違いを比べてみることにしよう。


【5th】■全長×全幅×全高=4600mm×1855mm×1685mm

【4th】■全長×全幅×全高=4570mm×1845mm×1660mm

【3rd】■全長×全幅×全高=4335mm×1815mm×1685mm

【5th】■ホイールベース=2690mm ■最低地上高=190mm

【4th】■ホイールベース=2660mm ■最低地上高=160mm

【3rd】■ホイールベース=2560mm ■最低地上高=190mm

【5th】■サスペンション=前:未発表/後:ダブルウィッシュボーン ■タイヤサイズ=未発表

【4th】■サスペンション=前:マクファーソン・ストラット/後:ダブルウィッシュボーン ■タイヤサイズ=225/65R17

【3rd】■サスペンション=前:マクファーソン・ストラット/後:ダブルウィッシュボーン ■タイヤサイズ=225/65R17

【5th】■荷室容量=580ℓ

【4th】■荷室容量=506ℓ

【3rd】■荷室容量=410ℓ

※4thのサイズは、inch単位をmm単位に換算したもの

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る