AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/11/06
  • AnimeandManga編集部

【新旧比較】トヨタ|2018パリサロンで発表されたカローラ・ツーリングスポーツ vs カローラフィールダー

ボディサイズ、ホイールベース、トランク容量など、新旧モデルの違いを写真や数値で比べてみる

※写真はカローラ・ツーリングスポーツ
2018年10月2日、パリモーターショーにてカローラ・ツーリングスポーツが公開された。カローラスポーツをベースに、様々なシーンで多目的に使用できる洗練されたスポーツワゴンとして、将来的にカローラのラインナップに追加されることに。TNGA・GA-Cプラットフォームを採用し、1タイプのターボエンジンと2タイプのハイブリッドエンジンを搭載する。パリモーターショーでワールドプレミアムされたカローラ・ツーリングスポーツと、先代(11代目)モデルである12年5月に登場したカローラフィールダーのとの違いを見てみる。

【カローラ・ツーリングスポーツ】■全長×全幅×全高=4653mm×1790mm×1435mm

【カローラフィールダー 1.8S“AEROTOURER”】■全長×全幅×全高=4360mm×1695mm×1465mm

【カローラ・ツーリングスポーツ】■ホイールベース=2700mm ■最低地上高=135mm

【カローラフィールダー 1.8S“AEROTOURER”】■ホイールベース=2600mm ■最低地上高=140mm

【カローラ・ツーリングスポーツ】■サスペンション=前:ストラット/後:マルチリンク ■ホイールサイズ=17インチ

【カローラフィールダー 1.8S“AEROTOURER”】■サスペンション=前:ストラット/後:トーションビーム ■ホイールサイズ=15インチ

【カローラ・ツーリングスポーツ】■荷室容量=598ℓ 

【カローラフィールダー 1.8S“AEROTOURER”】■荷室容量=407ℓ

自動車業界の最新情報をお届けします!

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る