AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

TOP > カタログ > ルノー > カングー > ルノー・カングーだけじゃない! ヨーロッパにはライバルがたくさん【フルゴネット? ルドスパス? 乗用車になった商用車……RENAULT KANGOOの競合モデルたち】
  • 2018/11/03
  • AnimeandManga編集部

ルノー・カングーだけじゃない! ヨーロッパにはライバルがたくさん【フルゴネット? ルドスパス? 乗用車になった商用車……RENAULT KANGOOの競合モデルたち】

ツイート
このエントリーをはてなブックマークに追加
世界中で圧倒的な人気を誇り、日本でも「最も売れているルノー」として知られるカングー。毎年、山中湖畔では1000台以上のカングーが集まる「カングー ジャンボリー」なるイベントが行われるほど。しかしちょっと待て。これだけ人気のある車種なのだから、ライバルメーカーだって指をくわえて眺めているわけではない。ヨーロッパを始め、ロシア、南米、北アフリカなどでは、カングーのライバルたちがウジャウジャ走っているのだ。古くからフルゴネット、最近はルドスパスとも呼ばれる、「商用車にルーツを持つマルチスペース乗用車」の代表的なものを紹介しよう。

Citroën Berlingo「シトロエン・ベルランゴ」


 カングーの直球ライバルとなるシトロエンのベルランゴ。歴史の長さもほとんどカングーと同じくらいで、フランスを中心とした西側ヨーロッパでは激しいシェア争いを展開している。

 2018年にフルモデルチェンジを受け、フルゴネットながらすばらしく前衛的なエクステリアを与えられた。……と思ったら、インテリアもなかなかの意欲的なデザイン。これぞシトロエンだ。

Citroën Nemo Multisoace「シトロエン・ニモ・マルチスペース」

 ベルランゴの弟分で、全長4m、全幅1.7mを切るコンパクトなボディを与えられている。PSA(プジョー・シトロエン)とフィアットが共同開発したモデルだ。「ニモ」は商業仕様で、乗用仕様には「マルチスペース」のサブネームが付く。

Peugeot Rifter「プジョー・リフター」


 シトロエン・ベルランゴの兄弟車で、2018年のジュネーブショーでデビュー。先代は「Partner」を名乗っていたが「Rifter」に改称された。ちなみにPartnerは「パルトネール」などと表記されることも多かったが、普通にパートナーと発音すればオーケー!フランス人の発音を頑張って正確に表記するならば「パフトネ」かな……たぶん。いずれにせよ「パルトネール」なんて聞いたことがありません。

Peugeot Bipper Tepee「プジョー・ビッパー・ティーピー」

 リフターの弟分で、シトロエン・ニモ・マルチスペースやフィアット・クーボとプラットフォームを共有する。ビッパーは商用仕様で、乗用仕様には「ビッパー」のサブネームが付けられる。

Follow @AnimeandMangaweb

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
Tweets by AnimeandMangaweb
системы автополива

шорты

семяизвержения