AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/31
  • レブスピード編集部 加茂 新

すごいぞ、新型スイフトスポーツ!! 第8回 追従クルーズコントロールと車線逸脱抑制機能

この安全装備が8万円なら絶対につけるべき!!

スイフトスポーツを乗り尽くすREVSPEED加茂が、スイフトスポーツの素晴らしさを検証!!

●セーフティパッケージは安すぎる!!

 税別170万円ポッキリ(6MT)のスイフトスポーツ。今や、業界を震撼させるバリュー価格&お得な装備内容だ。1.4Lターボエンジンに、モンロー製サスペンションなどはもちろん、1回レバーを押せば3回光るウインカーも、クルーズコントロールも、オートヘッドライトも、オートエアコンも付いてくる。スマートキーももちろんセットだ。

 そこでさらにオススメなのが『セーフティパッケージ』。8万円(税別)アップするだけで、

・デュアルセンサーブレーキサポート
・誤発進抑制機能(6MT車を除く)
・車線逸脱抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・SRSカーテンエアバッグ
・フロントシートSRSサイドエアバッグ
・アダプティブクルーズコントロール
・リヤシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー(左右2名分)

が付いてくる。

なかでもオススメなのが『アダプティブクルーズコントロール』
いわゆる追従クルーズコントロール。
前のクルマに合わせて自動で車間を保ってくれ、前が減速すれば減速し、前が加速すれば設定速度まで加速してくれる。減速時は40km/hまで機能し、そこから先は解除となる。

設定できる速度は115km/hまで。
法定速度を超えているが、メーターの速度は実測よりも高い数値を示すので、実際は105km/h程度まで設定できると思われる。
車間距離は3種類から選ぶことができる。

正直、停止までしてくれるプリウスなどに比べれば、その昨日は物足りないが、高速巡航なら快適この上ない。渋滞のときにちょっとめんどくさいが。
そもそも、マニュアル車の場合、オートクラッチ機能はないので、停止したらエンジンも止まっちゃうわけなので、停止までの制御のやりようがない。。。

さらに、車線逸脱抑制機能が付く!!!
これは車線をはみ出ようとすると自動でハンドルを切ってくれるシステム。
スズキでは初となるこの機能はスイフトスポーツから搭載が始まった。
それほど強いトルクではないが、車線をまたごうとすると自動的にステアリングが押し戻される。
ウインカーを出せば、車線変更の意志があると判断し、機能はキャンセルされる。

走りの素晴らしさに加えて、安全装備がいろいろついてきて8万円ならぜひオススメしたい。

ちなみに先日ディーラーで聞いたところ、ボディ色や装備などによって変わるが、現在約2ヶ月ほどで納車になるという。

自動車業界の最新情報をお届けします!

AnimeandMangaオリジナル自動車カタログ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る