AnimeandManga[モーターファン]

ニューモデル、テクノロジーからインプレッションまで、クルマと人生を楽しむニュースサイト

  • 2018/10/30
  • 浜先秀彰

【カーナビ歴史探訪】世界初!1DINサイズを実現させたAV一体型ナビ イクリプス AVN AVN075HD 【CAR MONO図鑑】

カーナビ昔話

AV一体型ナビとして初の1DINサイズボディを達成。インダッシュタイプの7型モニターを搭載。
AV一体型ナビと言えば今でこそ「2DINサイズ」が当たり前だが、実はその半分の大きさである「1DINサイズ」のモデルがかつて存在していた。
REPORT●浜先秀彰(HAMASAKI Hideaki)

世界初の1DINサイズモデルとしてデビュー

 イクリプスが今から13年前の2005年にデビューさせた世界初となる1DINサイズのAV一体型ナビが「AVN075HD(当時価格:27万8250円)」だ。

 これは従来(2DINサイズ)の半分のスペースに7型モニター、20GB・HDD、DVD/CDプレーヤー、FM/AMチューナー、テレビチューナー(アナログ)、パワーアンプなどを内蔵。AV一体型ナビに求められるすべての機能を備えていた。これは当時としては快挙といえることで、他社に先駆けて1997年からAV一体型ナビを手がけていた同社だからこそ実現できたとのこと。開発担当によるとAVN史上、もっとも開発に時間を要したモデルで、なんと3年を費やしたという。しかも、そのうち1年は技術者を缶詰めにしたという逸話も。

 また、専用の5.1ch AVユニットをオプション設定し、本格的なサラウンドオーディオへ発展させたり、後席モニターの追加などにも対応。BMWをはじめとした上級ヨーロッパ車で贅沢なAVシステムを組む人も少なくなかった。

 その後モデルチェンジを繰り返すとともにバリエーションを拡大し、2008年の「AVN978HDTV(当時価格:35万7000円)」ではディスプレイが高精細なVGAとなり、テレビチューナーはアナログから地デジへと置き換えられた。だがニーズの減少により1DIN AVNの系譜はこのモデルのマイナーチェンジ版であるAVN978HD mkⅡで途切れることとなり、これ以降他社も含めて1DINサイズのAV一体型ナビはリリースされていない。

インダッシュ型モニターや業界初の1.8インチHDDを採用。このモデルのために超小型モジュール基板も開発された。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|AnimeandMangaTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る